スーツの正しい保管方法を知れば長く着ることができる

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツの正しい保管方法を知れば長く着ることができる

スーツの正しい保管方法を知れば長く着ることができる

スーツの正しい保管方法を知れば長く着ることができる

スーツが早く傷んでしまう原因の一つが、保管方法の悪さにあります。適当にしまうのではなく、どのように保管すれば最も良いのかを理解して実践していきましょう。

おさえておきたいポイントや、シーズンオフのスーツの最適な保管方法、クリーニング後の収納ポイントなどを紹介します。

スーツは保管方法を工夫すれば長持ちする

重要なのが収納前のケアです。脱いだスーツはハンガーにかけ、丁寧にブラッシングをしましょう。
洋服用のブラシを使い、下から上に向かって繊維の間に入り込んだホコリをかき出すように、大きくブラッシングするのがポイントです。その後、上から下にブラッシングして繊維の流れを整えます。

パンツは逆さまに吊るしてから、裾から腰方向にブラッシングしてください。特に縫い目部分や襟の裏側はほこりがたまりやすいので注意が必要です。

あとは風通しの良い場所でしばらく干し、スーツに染み込んだ汗を乾かしてから収納します。同じスーツを毎日着るのではなく、何着か用意して数日おきに着るようにしましょう。

しばらく着ないスーツの保管ポイント

シーズンオフなどでしばらく着ない場合は、クリーニングに出してから保管します。その際、ビニール袋のカバーを外し、半日から一日ほど室内で陰干しをして湿気を飛ばすことが大切です。

クローゼットにしまう際には、汚れからスーツを守るカバーをかけたほうが良いので、空気を通しつつもホコリなどから守ってくれる、不織布のカバーをかけておきましょう。

クリーニング後のスーツの収納ポイント

クリーニングに出したスーツをクローゼットで収納する際には、ハンガー同士の間を2cmほど開け、風通しを良くすることが重要です。
また、ハンガーの種類にもこだわりましょう。薄いハンガーを選ぶと型崩れしてしまうので、肩のラインに合っていて、厚みのあるものを選択するのがポイントです。

また、パンツは掛けるタイプのハンガーだとシワになることがあるので、挟んで吊るすタイプを選択してみてください。

クローゼットはどうしても湿気がたまりやすい場所でもあるので、害虫のリスクから大切なスーツを守るためにも、防虫剤と除湿剤を置いておくと安心です。しばらく着ないスーツを衣替えの時期まで収納する際には、数ヶ月に一度クローゼットから出して室内で陰干しをしましょう。

正しい保管で良好な状態を保つ

スーツがくたびれていると印象が良くないので、きちんと収納して常に良好な状態を保つようにしましょう。毎日ただハンガーにかけているだけの方もいますが、その際のハンガーはスーツに合ったものを選択することが重要です。
ご紹介したブラッシングによるケアや、必要に応じてクリーニングも行いながら収納してみてください。

特に長期間クローゼットで保管する場合は、適切な管理・ケアをしておかないと次に着ようと思った際に状態が悪くなっていて着られなくなってしまうこともあります。