グローバルスタイルと麻布テーラーの品質|海外産と国内産の違い

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > グローバルスタイルと麻布テーラーの品質|海外産と国内産の違い

グローバルスタイルと麻布テーラーの品質|海外産と国内産の違い

スーツのオーダーの種類は同じパターンオーダーであるグローバルスタイルと麻布テーラーはどちらもオーダースーツ専門店として高く評価されています。どちらを選択するかにあっての判断基準は価格以外にスーツとしての品質も加味するはずです。海外産と国内産の違いも交えながらそれぞれのお店の特徴について解説していきます。

生地と仕立てがオーダースーツの価値を左右する

グローバルスタイルと麻布テーラーのどちらを選択しても、生地と仕立てがオーダースーツの価値を左右することを覚えておいた方がよいでしょう。海外産を選択した場合のメリットはリーズナブルな価格です。一方国内産のスーツは品質の高さがメリットです。丈夫で耐久性に優れ、長期的にスーツを着用するビジネスマンは特に意識した方がよいでしょう。

国内外問わず、インポート生地を採用することで品質を高めることができます。グローバルスタイルと麻布テーラーとの比較は重要であるものの、最も重要となるのはどの生地を採用するかにあります。高級な生地を採用した場合は当然ながらスーツの品質は高くなるものです。

グローバルスタイルと麻布テーラーと比較するよりも、生地選びを重要とした方がよいでしょう。グローバルスタイルではおよそ5,000種類、麻布テーラーではおよそ3,000種類から生地を選択できます。

最安値でスーツを仕立てた場合の違い

グローバルスタイルと麻布テーラーを利用し、最安値でスーツを仕立てた場合の採用される生地には違いがあります。グローバルスタイルはウールとポリエステルを合わせたものを採用し、麻布テーラーでは最安値でもウール100%のものを取り扱っています。

ポリエステルは硬くて丈夫でシワができにくいのがメリットです。一方でシワが取れにくく可動部分がテカりやすいのが注意点です。ウールは柔らかく滑らかで着心地のよさが際立ちます。スーツの着心地を重視する場合に選択する価値が高いです。生地が柔らかくてシワができやすく、ポリエステルよりも扱いにも気を付けないといけません。

それぞれの生地には異なるセールスポイントとウィークポイントがあります。

いちがいにどちらが優れているかは断言できません。一般的にはウールの方がスーツの質を高めるといわれているものの、ビジネスマンがスーツを着用する場合は丈夫でシワができにくいメリットは大きいと感じるでしょう。着用シーンを想定してどちらが適しているかを考えて選択をするのが望ましいです。

スタイリストに相談したうえでコーディネート

スタイリストはスーツをフィッテングするだけではなく、ライフスタイルを加味したうえでコーディネートしてくれる存在で、オーダースーツを作るうえで重要な要素です。もちろん、どの生地を採用するかによってスーツの品質も異なるからこそ、慎重に判断しないといけません。

後に後悔しない選択とするためには、両方のお店に足を運んでスタイリストに相談して決めるのもひとつの方法です。オーダースーツは安い買い物ではなく、長期的に着用していけるものを作るのがベストです。比較検討して納得のできる一着を作ることを意識しましょう。

まとめ

グローバルスタイルと麻布テーラーは同じオーダースーツ専門店であるものの、価格はもとより取り扱う生地や仕立ての方法も異なります。いちがいにどちらが優れるかは断言できません。それぞれのセールスポイントとウィークポイントを加味したうえでの選択をしましょう。ライフスタイルを加味したうえでのコーディネートをしてくれるスタイリストに相談をするのが大切です。オーダースーツを作るのは安い買い物ではありません。後に後悔しないように納得できる選択を心がけましょう。