失敗しないオーダースーツの作り方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 失敗しないオーダースーツの作り方

失敗しないオーダースーツの作り方

いざ、「オーダースーツを作ろう!」と思っても、わからないことがたくさんあると思います。
適当にお店任せにしてしまって、あとで「こんなはずじゃなかった」ということにならないように、オーダースーツの作り方をご紹介しましょう。

オーダースーツは3種類ある

オーダースーツの作り方には、次の3つの種類があります。

パターンオーダー

「パターンオーダー」とは、簡単な部分のみサイズ変更を行えるオーダースーツの作り方です。
元となるスーツがあり、着用者の体型や好みに応じて、袖丈・着丈・裾丈などの簡単な部分の長さ調整をして作ります。

イージーオーダー

「イージーオーダー」とは、仮縫いがなく、工場でライン生産される縫製方法のことです。
パターンオーダーより変更できる点が多いですが、仮縫いもなく、工場のラインで作られることから、フルオーダーに近いものの縫製の品質はやや劣ります。

フルオーダー

「フルオーダー」とは、さまざまな部分に対し変更が施せるオーダースーツで、職人の手作業によって作られる作り方です。
イージーオーダーとは違い、仮縫いをしてから職人が手作業で仕上げることから、縫製の品質も高くなっています。

目的に合わせて生地や形を選ぶ

オーダースーツは、目的に合わせて生地や形状を選ぶことが大切です。選ぶためのポイントを見ていきましょう。

毎日着用するなら摩擦強度を重視して

毎日着用するビジネス用オーダースーツなら、摩擦強度を重視しましょう。また、防シワ性やストレッチ性、型崩れのしにくさも確認したいものです。耐久性があり、毎日着用できる利便性がある生地を理想としてください。

上質さを重視するならウール100%

質感の上質さを求めるなら、かっちりとしたスタイルの、ウール100%オーダースーツが良いでしょう。夏用としてサマーウール生地も用意されているので、季節に応じて生地を選ぶことも必要です。

冠婚葬祭で使うなら光沢ありのウールで

冠婚葬祭での着用を目的とするなら、光沢のあるウール生地がおすすめです。シルクが混ざっている生地であれば、更に上品な印象が高まるでしょう。

後悔しないお店選び

オーダースーツの作り方で大切なポイントは、やはりお店選びです。
「自分の好みの雰囲気だから、このお店にしよう」という選び方もあるかもしれませんが、私は、スタッフを見てほしいと思っています。
その店のスタッフは、採寸を丁寧にしてくれるでしょうか。
こちらの意図をしっかり汲み取って、話を聞いてくれるでしょうか。
そして柔軟に対応してくれるでしょうか。実はスタッフとの相性も、オーダースーツの作り方に大きく影響しますよ。

スーツをオーダーする際の流れ

オーダースーツの作り方を流れから確認しておきましょう。

1.店頭で希望を伝える
2.生地選び
3.採寸
4.型紙制作
5.生地裁断
6.仮縫い
7.試着
8.仕上げ

オーダースーツの納期は、パターンオーダーで2週間、イージーオーダーで3~4週間、フルオーダーで1~1ヶ月半ほどが一般的です。
オーダースーツを作る当日は、フルオーダーで1~2日程度、イージーオーダーでも約2時間かかるとされます。スーツをオーダーする流れを覚えておき、時間に余裕のある日を選んで作りましょう。

オーダースーツの作り方まとめ

オーダースーツの作り方には3種類のパターンがありますが、いずれの作り方を選んだとしても、時間と手間、お金がかかることに変わりはありません。
せっかくのこだわりの一着を作り上げるなら、「作ってよかった」と思えるように、信頼できる専門店に相談することをおすすめします。