予算5万円でかっこいいオーダースーツを作るポイント

おすすめのオーダースーツ完全網羅 比較ランキング50店 > コラム > 予算5万円でかっこいいオーダースーツを作るポイント

予算5万円でかっこいいオーダースーツを作るポイント

 

社会人として身だしなみを整えながら、年齢や職種に応じたスーツを選ぶことが重要です。あなたが、かっこいいビジネススタイルを目指すのであれば、一着は持っていたいのがオーダースーツです。

高額なイメージがあるオーダースーツですが、最近では予算5万円程度でも、身体に合ったお洒落なスーツが、気軽に仕立てられるようになりました。

今回は、予算が5万円でも、しっかりとした1着が欲しいという方向けに、満足度の高いオーダースーツを作るポイントをご紹介します。初めての方でもわかりやすいように解説いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

オーダースーツの値段の違いとは?

ひと口にオーダースーツといっても、価格はピンからキリまでさまざまです。ここからは、スーツの価格を左右する要素について、ご紹介いたします。スーツの種類の違いによる相場を知って、自分に合ったコストパフォーマンスの高いスーツをゲットできるようにしましょう。

まず、スーツを構成するのは基本的にジャケットとパンツですが、「生地」「仕立て方法」「ディテール」といった要素の違いで、価格は大きく変わってきます。

特に、素材と仕立ては、見た目や着心地に大きく関わるため、価格に反映されやすいポイントです。当然、高級な生地を選ぶと、スーツは高額になります。また、職人がひとつひとつ手縫いする仕立て方法は、着心地が大変優れていますが、よりコストはかかります。一方、スーツの縫製は機械で行う大量生産タイプであれば、価格を抑えることが可能です。

この他にも、ボタンや副資材といったディテールによっても、オーダースーツの価格は変化します。

 

 

オーダースーツ価格別の特徴とは?

オーダースーツは、自分のこだわりがつまっていて、身体にフィットしたものを手に入れられるのが、何よりの醍醐味です。あまりに低価格なものでは、オーダーならではの楽しみを、存分に味わうことができないことがあります。

適度な選択肢があり、自分の好みの中から選べる十分な生地やデザインの豊富さは、5万円程度であれば問題なく揃っているお店が多いようです。

今後、自分に合ったオーダースーツを購入したいと考えているのであれば、5万円程度のオーダースーツからスタートことをおすすめします。

以下が、オーダースーツの価格別の、大まかな特徴となります。

 

 

5万円以下

2ピーススーツ(ジャケット+パンツ)が基本となります。縫製は、ほとんど海外で行われることが多いようです。生地は、ポリエステルなど安価なものから選ぶことになりますが、成人式や若年層向けであれば、問題なく着用することができます。

 

 

5万円~10万円

5万円以上の予算があれば、ジャケットとベスト、パンツの3つのアイテムで構成された3ピースのスーツも製作することができます。また、生地はインポートもオーダー選択肢に入ってきます。

スタンダードなスーツはもちろん、華やかなデザインを揃えることもできます。簡単なオプションなら取り入れることは可能です。

 

 

10万円以上

10万円以上のオーダースーツであれば、ラグジュアリーな生地やオプションに、とことんこだわることができます。究極の一着に挑戦したい方に、おすすめの価格帯です。

 

 

オーダースーツの予算「5万円」のメリットとは?

オーダースーツの価格は幅広く、1万円~100万円以上まで存在します。ここからは、その中でも5万円程度のスーツをおすすめする理由や、そのメリットについてご紹介します。

 

 

選べる生地の数が増える

オーダースーツにおいて、5万円以下の場合、生地や素材に限りがあります。例えば、ポリエステルやコットンの混紡など、選べる生地の種類が限定されてしまいます。一方で、5万円程度やそれ以上のオーダースーツであれば、ウール・リネン・ツイードといった、こだわりが楽しめる生地が選べるようになります。

 

 

丈夫で長く愛用できる

スーツの縫製レベルは、価格によって異なります。安価なスーツは、海外縫製である場合が多く、仕上がりが均一に揃っていないこともあります。また、裏地の縫い付け方が簡素化しているパターンもあり、縫製の質の高さを望めません。細部の縫製にこだわって作られたスーツをお求めなら、あまりに安いスーツは避けた方が無難です。

それと比較すると、5万円からのスーツであれば、信頼できる工場で生産されており、確かな技術を持った職人が、丁寧に仕立てていることが多くなります。よって、丈夫なスーツが完成するため、長持ちする一着に出会える可能性がアップします。

 

 

オーダー方法の種類とは?

スーツのオーダー方法は、大きく分けると「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3パターンとなります。それぞれ、価格や納期が異なるので、自分に適したオーダー方法を知っておくと失敗がありません。ここからは、この3つのオーダー方法の特徴について解説いたします。

 

 

お手頃価格の「パターンオーダー」

パターンオーダーは、お手頃な価格で予算は25万円となります。オーダースーツにチャレンジしてみたい初心者さん向けです。用意されたゲージ服の中から、自分の身体に合うサイズを選び、袖丈・着丈・ウエストといった、細かい部分を調整していくオーダー方法です。

既製品を選ぶような感覚で、気軽にスーツを仕立てることができます。型紙を用いて工場で大量生産をするので、安い価格で完成します。

サンプルがあるため、仕上がりをイメージしやすく、完成までの納期が早いのも嬉しいポイントです。

ただし、既成品と同じ型紙をベースにするため、サイズ調整の範囲は限られています。標準体型の方であれば、十分満足できるフィット感を味わうことが可能です。

予算が5万円ほどで、オーダースーツをまだ試したことのない場合には、手軽なパターンオーダーをおすすめすします。

 

 

自分の身体によりフィット「イージーオーダー」

フルオーダーとパターンオーダーの中間が、イージーオーダーです。予算はおおよそ510万円となります。

パターンオーダーよりは、自分の身体にフィットさせたい方向けのオーダー方法です。イージーオーダーは、自分の体型に合わせて、型紙を修正しながら仕立てていきます。体型に特徴がある方でも、身体に合ったスーツを仕立てられるのが特徴です。

 

 

自分だけの一着にこだわるなら「フルオーダー」

フルオーダーは、注文を受けてからオリジナルの型紙を起こす、最も手間がかかるオーダー方法です。自由度が高いため、自分に完全にフィットする一着を作ることができます。予算は20万円以上からと高額になります。

オーダースーツの製作は、すべて手作業で丁寧に行うため、高い技術力が要求されます。そのため、完成までに時間がかかることが多いです。時間と費用をかけてでも、こだわりの一着を作りたい人に最適です。

 

 

予算5万円でかっこいいオーダースーツをつくるコツ

ビジネスマン

予算5万円程度であっても、ポイントさえ押さえれば、かっこいいオーダースーツをつくることは可能です。ここからは、予算5万円でかっこいいオーダースーツをつくるコツを、ご紹介します。

 

 

ショップの雰囲気を事前にチェック

あらかじめ、オーダースーツ店内のホームページをチェックしておき、どんなスーツが作れるのか、どんな着こなしが得意なのかを、チェックしておきましょう。お店のコンセプトや雰囲気が、自分に合っていれば、安心してオーダーすることが出来ます。

実際にお店に出向くのであれば、マネキンのコーディネートのおしゃれ度を、確認しておきましょう。5万円くらいで作れるオーダースーツの場合、高見えできるかどうかが、重要なポイントとなります。ショップにディスプレイされたスーツを見て、チープさが感じられないか判断してみましょう。

 

 

店員さんと入念にカウセリング

オーダースーツ製作において、心配なことがある場合は、お店の方に相談することも大切です。オーダースーツ店に行くと、「テーラー」と呼ばれる専門のスタッフがいることが多いです。

自分がどんなシーンでスーツを着用するのか、また好みの色やデザインなどを、テーラーに言葉で説明できる程度には、具体的に完成のイメージしておくと良いでしょう。理想のオーダースーツを手に入れるためには、譲れない要望があれば、遠慮せずにテーラーに伝えておくことが重要です。

 

 

扱いやすい生地を選択

生地の選択は、オーダースーツの醍醐味とも言える作業です。お店オリジナルの生地から、海外からのインポート生地など、さまざまなタイプが存在します。

基本的には、自分の好みの色やデザインから探して問題ありません。その際、生地の触り心地を確認しておきましょう。光沢感があれば、良い生地である証です。

ただし、生地は扱いやすいものを選ぶことをおすすめします。最近では、ポリエステル混紡でも、柔らかくてしわがつきにくい、優秀なタイプが存在しています。

 

 

サンプル生地だけで決定しない

生地を選ぶポイントは、サンプルだけで決めないようにすることです。小さなサンプル上ではかっこよく見えても、面積が大きくなると、一気に派手過ぎる印象になることがあるからです。

また、顔写りも重要であるため、実際に生地がある場合は広げてもらって、自分の首下に当てて、似合うか確認しておきましょう。サンプルブックで見るのと、大きな生地を当ててみるのとでは、印象が変わることは多いものです。

サンプル生地しかない場合は、スーツ完成後どのような印象になるかをテーラーに聞いてみると、為になるヒントを得ることが出来ます。

 

 

ジャストフィットの採寸をお願いする

スーツの場合、サイズがダボっとしてしまうと、どうしてもチープに見えてしまいます。楽な着心地だからといって、大きめサイズのジャケットやパンツを選ぶと、まるでスーツに着られているような印象になります。

自分の体にジャストフィットしていて、ラインがきれいに出るスーツであれば、より高見えをします。よって、採寸する際には、オーバーサイズになり過ぎないように気にしながら、進めていくことをおすすめします。具体的には、「タイト目なシルエットでお願いします」などとテーラーに伝えて、採寸中に要望を出しておきましょう。

また、採寸に行くときは、厚手のセーターなどではなく、ワイシャツなど薄手の洋服を着ていくと、身体に沿った採寸をスムーズにすることができます。

 

 

丈は長すぎないように注意

スーツの着丈が長すぎると、だらしない雰囲気になってしまいます。コーディネート全体の印象は、視線が止まりやすい先端部分で決定されます。先端とは、ジャケットであれば袖丈や着丈で、パンツならば裾を意味します。

ここをスッキリみえるように調整してあげると、多少シルエットが大きめであったとしても、それなりにサマに見せることが可能です。ですので、スーツをオーダーする際には、丈に注意をしてください。

よりおしゃれに見せたいのであれば、意識的にやや着丈が短いスーツを選ぶことをおすすめします。その際は、テーラーに「丈は短めのものを希望します」と率直に相談してみましょう。

 

 

お直しの希望がある場合は正直に伝える

オーダースーツは、会計をする時点で、自宅配送で受け取るか、店舗で受け取るかを選ぶことができます。

初回オーダーの場合は、なるべく来店をして、完成したスーツを試着してみるようにしましょう。実際に着用してみて、腕や脚の長さや、全体的なフィット感などを確認することをおすすめします。

試着をしてみて、お直しの希望がある場合は、テーラーに正直に伝えましょう。既製品では、細かい部分まで自分のサイズに寄せることは困難ですが、仕立て直しでは、細部にわたって顧客の要望に応えてくれます。

サイズの再調整は、購入後一定期間であれば、無料で行ってくれるショップもあります。箇所により再調整ができない場合や、追加料金が発生する場合もありますので、ショップに確認をしてみましょう。

 

 

まとめ

今回は、予算5万円で、かっこいいオーダースーツを仕立てる方法について、ご紹介いたしました。最近では、低価格ながらも品質が良く、トレンド感たっぷりな一着を提供してくれるオーダースーツ店が増えてきています。また、以前は敷居が高かったオーダースーツでも、気軽に楽しめるようになりました。同じような価格でスーツを既製品で買うのであれば、自分のサイズにぴったり合った、着心地のよいオーダースーツを購入してみてはいかがでしょうか。

いつもと同じ毎日でも、オーダースーツを着るだけで、一味違った気持ちを味わうことができます。まだオーダースーツを作ったことがないという人も、この機会に始めてみることをおすすめします。自分自身をグレードアップできる、リーズナブルなのに高見えできる一着を、是非オーダーしてみて下さい。

まとめ

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP
口コミNo1を見る