スーツ姿をダサく見せないためのジャストサイズの測り方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツ姿をダサく見せないためのジャストサイズの測り方

スーツ姿をダサく見せないためのジャストサイズの測り方

スーツ姿がダサく見えてしまうのは身長、ウエスト、胸囲のサイズが合っていないためです。自分の体のサイズをちゃんと測るのはビシッと着こなすための基本となります。上質なスーツであってもジャストサイズでないとダサく見えてしまいます。サイズ表記についての理解を深め、利用シーンに合わせての選択も大切です。

スーツはジャストサイズでダサく見える

スーツはジャストサイズでないとダサく見えてしまい、ちゃんと着こなしているように見える方は例外なく自分の体のサイズにピッタリ合っています。身長、ウエスト、胸囲のサイズを合わせるだけ見栄えがよくなります。まずは自分の体の正確なサイズを測りましょう。

身長の測り方としてはまず壁や柱に背を向けて立ちましょう。次に頭の上に辞書を置き、置いた場所にテープを張って地面までをメジャーで測るのが正確です。ウエストの測り方はベルトの位置から少し高い部分を測るのがポイントです。お腹をへこませないようにして正確なサイズを測りましょう。胸囲は胸が最も張っている部分を脇の下にメジャーを通して測るのがよいでしょう。

スーツサイズ表の見方の注意点

ジャストサイズのスーツとするには身長とウエストを表す記号が組み合わされたJIS規格のサイズ表が目安となります。身長と胸囲の2つをチェックして数値が交わるところのサイズを選択しましょう。しかし体型には個人差もあり、どの程度ゆとりをもたせたいかを決めて選択しないといけません。注意点となるのはショップによって表記が異なる場合もあることです。

スタンダードタイプ、スリムタイプ、フォーマルタイプのどのタイプを選択するかも考えないといけません。ビジネスシーンに適したタイプとしてはスタンダードタイプとスリムタイプです。スリムに見せたい脚を長く見せたいといった場合はスリムタイプが適しています。スタンダードタイプはかしこまったフォーマルな場にも適しています。

スーツをオーダーすることを検討すべき理由


既製品のスーツであってもジャストサイズに仕上げることはできます。しかしあくまでも標準体型の方を基準としていることを忘れてはいけません。いかり肩であったり腕が長かったりサイズ自体は合っていたとしても満足のいく着心地が実現しないかもしれません。ジャストサイズの測り方をしても微調整しないといけない場合もあります。

ビジネスマンの場合はスーツ姿のときに座っている時間が長いのか、歩いている時間が長いのかといった点も考えていく必要があります。既製品ではなくオーダーすれば体型の悩みや拘りを形にできてより理想的な1着に仕上がります。自分好みのサイズに調整したい場合はオーダーするに限ります。パターンオーダーやイージーオーダーの場合は既製品よりも少し高い価格で手を出しやすいです。

ジャストサイズの測り方をするのはビシッと着こなすための基本であるものの、必ずしも満足のいく仕上がりになるとは限りません。長期的に着用していける1着を作るのであればオーダーするのが望ましく、細かいところまでジャストサイズに仕立てることでスタイルもよく見えます。

まとめ

スーツをダサく見せないようにするにはジャストサイズに仕立てないといけません。ショップによって表記が異なる場合もあり、どのタイプが適しているかも考えないといけません。細かいサイズを合わせるのならオーダーすることも考えた方がよいでしょう。間違った測り方をすることでスタイルが悪く見えてしまい、相手に悪い印象を与えかねません。身長、ウエスト、胸囲のサイズを合わせるだけで見栄えが変わります。何となくサイズを測っていたのなら正しい測り方を覚えていきましょう。