おしゃれなメンズスーツを選ぶ5つのチェックポイントとは?

オーダースーツ完全網羅 おすすめ比較ランキング50店 1121人の辛口調査結果公開 > コラム > おしゃれなメンズスーツを選ぶ5つのチェックポイントとは?

おしゃれなメンズスーツを選ぶ5つのチェックポイントとは?

ビジネスマンに欠かせないスーツは、おしゃれに着こなしてこそ大人の魅力が発揮されます。 仕事ができるビジネスマンは、スーツの着こなしも上手で魅力的な方が多いです。 相手がいるビジネスシーンでは、身だしなみが第一印象を決める重要ポイントで、だらしなく見えてしまっては今後の仕事に影響しかねません。 ステキに着こなすためにはどうしたら良いのでしょう。

 

 

おしゃれなメンズスーツを選ぶための5つのポイント

スーツと言っても種類やデザインなど様々で、自分に合うもの合わないものなど、選ぶ際には迷うこともあるでしょう。 メンズスーツを選ぶ時に気を付けたいことや、おしゃれに着こなすためのポイントについて紹介します。

 

デザイン

メンズスーツはジャケットの形で「シングルスーツ」「ダブルスーツ」「スリーピース」の3種類に分けられています。 スーツの定番になっているシングルスーツは、前ボタンが一列に配置されています。 ダブルスーツはボタンが二列に配置されていて、フォーマルな印象が強いですが様々なバリエーションを楽しめるスーツです。

 

スリーピースはジャケットとベストとパンツがセットになっているスーツです。 襟の形は定番がノッチドラペル、ダブルスーツに多くドレッシーな印象のピークドラペル、タキシード向けのショールカラーの3種類です。 ベント(ジャケット後ろの切れ目)の形にも種類があり、スタンダードが真ん中に切れ目が入ったセンターベントで、動きやすさを追求した形になっていて年齢を問わず似合います。

 

サイドベンツは両サイドに切れ目が入ったデザインで、ゆったりとしたクラシックな印象です。 全く切れ目がないノーベントは、冠婚葬祭のフォーマル向けデザインです。

 

スーツの印象を決める柄に迷った時には、定番の「無地」がおすすめです。 季節感の縛りもなく小物も合わせやすい反面、濃淡だけで印象も変わります。

 

柄物メンズスーツの中でも特に種類が多いストライプは、線の間隔によって印象が変わり、繊細さや若々しさ信頼感などを与えることができます。 カジュアルな印象が強いのがチェック柄ですが、落ち着いたチェックや千鳥格子柄などは派手過ぎずおすすめです。

 

サイズ

サイズが違うとシルエットが変わるので、相手に与える印象が全く異なります。 ジャケットのサイズは肩回りで合わせるようにし、パンツの裾はハーフクッションたわむ程度にするとシルエットが綺麗で足長効果もあります。 幅によっても変わりますが、靴のかかと半分くらいまで隠れる長さにするのが最適です。

 

生地

スーツの生地は大きく分けると2つあり、イギリスとイタリアの国別タイプになっています。 イタリアは柔らかくドレープ感があるものが多く、イギリスはハリとコシがあり重厚感があります。 生地が違うと出来上がりのスーツの印象も大きく変わります。

 

Vゾーン

ネクタイとシャツのバランスが見た目を左右すると言えるくらい重要なポイントです。 スーツの色によって組み合わせも変わり、同系色で揃える、アイテムを軸に考える、柄ものと合わせるなど、自分の好みを演出できるゾーンです。

 

 

ポイントを押さえておしゃれなスーツを見つける

メンズスーツのポイントについて説明してきました。 人によって体形や雰囲気も違うので、おのずと似合うスーツも違います。 着心地も含めて、自分好みのスーツを見つけてください。

 

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP