ネイビースーツを着こなす基本とネクタイや革靴の合わせ方を解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネイビースーツを着こなす基本とネクタイや革靴の合わせ方を解説

ネイビースーツを着こなす基本とネクタイや革靴の合わせ方を解説

ネイビースーツはさまざまなシーンに適した万能のスーツ色です。相手に誠実や真面目といった印象を与えます。しかし、無難過ぎる選択になってしまうことも多いスーツ色でもあります。おしゃれに着こなすための基本を知り、さらにネクタイや革靴の合わせ方も覚えていきましょう。落ち着いた印象ながらもスタイリッシュに着こなすのはそう難しくはありません。

ネイビースーツをおしゃれに着こなすための基本

ネイビースーツに限らず、スーツをおしゃれに着こなすにはジャストサイズであるのが絶対条件です。ゆったりしている場合はだらしない印象を相手に与えてしまい、きつそうにしている場合は太って見えてしまいます。体型は常に一定ではないため、購入する際には必ずジャストサイズに調整しましょう。

シャツはシンプルな白かブルーを選択すれば問題ありません。ブルーを選択する場合はネイビースーツと比べて薄めであることを意識しましょう。ベストを着用する場合は色や素材を合わせるのが基本です。

ネイビースーツのカラーはトーンの明るさによって相手に与える印象が変わるものです。濃色は落ち着いた印象を相手に与え、フォーマルシーンで適しています。淡色は若々しさや爽やかさを演出するのに適しており、カジュアルな印象を相手に与えます。

柄も種類によって相手に与える印象が変わる要素です。無地はフォーマルシーンからプライベートシーンまで幅広く着こなせます。ストライプ柄は狭い間隔だと高級感が漂い、広い間隔だと華やかで力強さを感じさせます。チェック柄はやわらかく若々しい印象を相手に与え、柄が大きくなるほどカジュアルな印象になります。

ネクタイ選びのポイント

ネイビースーツに合うネクタイの選び方で重要なのは色をベースとし、どの柄をのせるかです。紺色は誠実さや信頼感のあるイメージを相手に与え、ブラウンは紳士的な着こなしを演出する色です。女性からの印象をよくするのに適しているのがピンク色で、パープルは高級感のあるイメージを相手に与えます。それぞれの色によってイメージは大きく異なります。

柄は大きく分けると無地、ストライプ、ドット・小紋柄、チェックの4種類から選択しましょう。無地は品格のある印象となり、ストライプはビジネスシーンでの定番色で仕事への誠実さをアピールできる色です。ドット・小紋柄はクラシカルな印象やカジュアルな印象を相手に与え、チェックは明るい印象と親しみやすさを演出できる色です。

互いの色を引き立たせるブラウンを選択

ブラウンは紺色と組み合わせることで互いの色を引き立たせる効果があります。ブラックの革靴と合わせるのは問題ないものの、相性のよさはブラウンに分があります。ベルト、バッグ、腕時計といったアイテムの色もブラウンで合わせることで統一感も生まれるものです。

また、ネイビースーツと革靴の色のトーンを合わせ、全体のバランスが悪くなるのを避けましょう。革靴の素材も同様に合わせていきましょう。ビジネスシーン全般で活躍する革靴は内羽根のストレートチップで、クールビズスタイルの場合はコインローファーが適しています。

まとめ

サイズ、色、柄、相手に与えたい印象とさまざまな要素をかんがみたうえで基本に忠実であることがネイビースーツをおしゃれに着こなすためのポイントになります。ビジネスシーンやプライベートシーンと、ネイビースーツを着用するシーンを想定して必要な準備をしていきましょう。スタイリッシュにネイビースーツを着こなすのに特別さは必要ありません。奇抜さを捨ててセオリー通りに着用することで自然と落ち着きのあるスタイリッシュに印象を相手に与えることになります。