大満足のオーダースーツを仕立てる前に必要な準備を網羅

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 大満足のオーダースーツを仕立てる前に必要な準備を網羅

大満足のオーダースーツを仕立てる前に必要な準備を網羅

自分の身体にジャストサイズでさらに好きな生地やデザインを選べるオーダースーツは既製スーツと比べるとよいことばかりです。一度オーダースーツを作ると魅力を理解できるでしょう。しかし既製スーツよりも選択の幅が広くて失敗することも多くなります。仕立てる前に必要な準備を理解し、失敗しないようにしましょう。

目的を明確にしないといけない理由

オーダースーツを仕立てる前には何を目的としているかを明確にしましょう。ビジネスマンの場合はビジネスシーンで着用することを想定するはずです。結婚式に参加するためにスーツをオーダーする場合もあるはずです。具体的に着用シーンを想定しないとTPO違いのスーツに仕上がってしまいます。

デザインやシルエットを決定していくうえで見た目、着心地、機能とどういった効果を得られるかも把握しておきたいところです。事前に目的を明確にし、イメージ通りに仕上がるかの分かれ道になります。もちろん、自分の体のクセも把握し、クセに応じた補正を施すことも考えていくべきです。

ビジネスシーンでスーツを着用する場合は細かいところが気になっていくものです。次回のオーダーのためにどこが気になるかもテーラーに伝えておいた方がよいでしょう。望むべく仕上がりにしたつもりがどうもしっくりこない仕上がりになってしまうこともあります。

シャツと革靴を用意しておくべき理由

初めてオーダースーツを仕立てる場合はテーラーに相談ができる専門店を選択しましょう。着用シーンを想定したうえで生地やデザインなどを決めていくパートナーとなります。専門店に足を運ぶ場合はシャツと革靴を用意していくと完成時のイメージがしやすくなるものです。シャツを着ることで袖丈や胸やお腹まわりのフィット感に問題ないかをより正確に把握できます。

サイズ感ひとつとっても立ち姿の見え方と動きの中の見え方のどちらを優先するかは変わっていきます。革靴を履くのも正確なパンツの長さを測るのに役立ちます。たった1㎝変わるだけでも大きく印象は変わるものです。正確なフィッシングで好みのサイズ感とするためにはシャツと革靴を用意した方がよいといえます。

テーラーとの意思疎通によって仕上がりが変わる

何度もオーダースーツを作ったことがあるのなら仕上がりのイメージは出来上がっており、スムーズにテーラーに伝えることができるはずです。しかし初めてオーダースーツを作るとなるとあまりイメージが出来上がっていない場合もあるでしょう。大満足のオーダースーツを仕立てる前にテーラーと相談しながらイメージを膨らませていくことになります。

テーラーはヒアリングをした結果を踏まえて適切な提案をしてくれるものの、情報量が少ないと無難な提案しかできません。着用シーンや生地やデザインの好み、さらにどういったシャツやネクタイや革靴に合わせるのかといった問題もあります。

オーダースーツは自分が注文して完成してからでないと確認できないのがウィークポイントです。仕立てる前にテーラーに多くの情報を提供できるかが重要です。専門店に足を運んでからあれこれ考えるよりも事前に仕上がりのイメージを膨らませて仕立てる前にテーラーに多くの情報を提供しましょう。

まとめ

オーダースーツを仕立てる前には採寸をし、生地やデザインなどを決めることになります。なぜスーツをオーダーするのかの目的を明確にするのが大満足の一着を作るための基本です。そして望むべくスーツをオーダーするためのパートナーであるテーラーに多くの情報を提供できるかも重要な要素です。着用シーンや生地やデザインの好みなど、自分の理想を伝えてどこまで対応できるかについてテーラーがちゃんと答えてくれます。テーラーはお客様からの情報を頼りに提案をすることを覚えておきましょう。