ネクタイのベストな長さと結び方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイのベストな長さと結び方

ネクタイのベストな長さと結び方

ビジネスマナーでは「ネクタイの適切な長さ」にも決まりがあることをご存知でしょうか。丈が長すぎても短すぎてもマナー違反となりますが、理想的な丈でなければ単純に外見的に格好良く決まりません。

 

そこで今回の記事では、ネクタイの理想的な丈について解説した後に、理想的な丈にするための結び方のコツや製品選びのポイントについてご紹介していきます。

 

ネクタイのベストな長さはどれくらいか

 

ネクタイの「ベストな長さ」とは、先端がベルトのバックルに少し乗るくらいの丈です。

ネクタイの丈はスーツ着用時のマナーとなっているため、ベストな状態に保っておくことはビジネスパーソンとして守るべきマナーとされています。

首元で結んで、幅が太い方の先端半分くらいでバックルが隠れる状態であれば、問題のない丈だと考えられるでしょう。

 

理想な丈にするためのネクタイの結び方のコツ

 

それでは、理想的な長さにするために、ネクタイの結び方のコツを覚えましょう。

丈が長い製品であっても、結び方次第で理想的な丈にすることもできるようになります。丈を間違えて購入してしまっても、次のように結び方を工夫すれば無駄にすることなく使いこなすことが可能です。

 

1.首にかけて垂らす

2.大剣の縫い目を探す

3.シャツの第四ボタンの高さに縫い目を移動させる

4.通常通りに結ぶ

 

シャツの第四ボタンと大剣の縫い目の高さを合わせたら、通常の結び方である「プレーンノット」で結ぶだけです。もし上記の方法でも丈が長すぎる場合は、2回巻きつける「ダブルノット」や、丈を短くできる「ウィンザーノット」などの結び方を試してみてください。

 

自分の身長に合ったネクタイの選び方

 

ネクタイはご自身の慎重に合わせて選ぶとバランスが良くなりますが、適切な丈だとされているのは「身長-15cm」の長さです。つまり、170cmの方であれば155cm、180cmの方であれば165cmとなりますが、日本のネクタイは一般的に140~150cm程度となっているため、身長の高い人は長めの製品を選ぶようにしましょう。

 

身長に合わせて選ばなければ、どれだけ結び方を工夫しても、適切な丈にならないこともしばしば。どうしても丈が合わないという場合は、ご自身の身長に合った製品の購入を検討してみてください。

 

ネクタイを結ぶときのポイントは「長さ」

 

ネクタイの丈はビジネスマナーでもあり、見た目の良さに大きな影響を与えることから、「丈を適切に保つ」ことが最も重要なポイントだと言えます。

 

素敵な柄の製品を選んだとしても、長さが合っていなければマナー違反となり、だらしない印象になってしまうことも。今回ご紹介した内容を参考に、適切な丈で結べるようにしましょう。

 

また、適切な長さの製品を選ぶことも大切です。ご自身の身長にピッタリのネクタイを選びたいという場合は、オーダースーツ専門店のスタッフに相談されると安心です。