シーズンオフのコートの収納方法と手入れの2つのポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > シーズンオフのコートの収納方法と手入れの2つのポイント

シーズンオフのコートの収納方法と手入れの2つのポイント

冬物のコートは春になって暖かくなるとそろそろ収納しようと考えるものです。しかし間違った収納方法によってシワになったり毛玉だらけになったりします。適切な収納方法によって次のシーズンも安心してコートを着ることができます。さらに多くの人が間違えてしまう手入れの方法にも2つの注意点があるため、合わせて覚えていきましょう。

洗濯してから収納する

シーズンオフの冬物コートは一度でも袖を通した場合、洗濯をしてから収納しましょう。そのまま収納すると時間の経過とともに黄ばみやダニの温床になりかねません。自宅での洗濯でもクリーニングに出すのでも問題ありません。そして、洗濯し終えた後にカバーを被せ、クローゼット用の防虫剤と除湿剤と一緒に収納するのが基本となる収納方法です。また、厚みのある立体的なハンガーを選んで重さに耐えられるようにしましょう。

シワにならない素材の収納方法としてはクリーニングに出してからビニールカバーを外し、ふわっと畳むのを意識して衣装ケースに収納しましょう。引き出し用の防虫剤を入れるのも忘れず行わないといけません。ダウンの場合は衣装ケースでの収納の方が型崩れをしません。防虫剤と除湿剤を一緒に入れて収納しましょう。ニットの同様の収納方法で問題ありません。カシミアやウールでは太めのハンガーで収納し、防虫機能付き衣類カバーも使っていきましょう。

冬物コートの種類によっても適切な収納方法は異なります。どの種類であっても変わらないのが洗濯してから収納することです。クリーニングに出すことでキレイに洗ってくれて型崩れもせず、プロに任せるのが最も確実な方法です。

収納方法による適切な対応

ハンガーを使って収納する場合は丈夫なハンガーを使い、衣類カバーがあればよりキレイに収納できます。さらに、風の通る場所に保管した方が傷みにくいです。畳んで棚に入れる場合は型崩れを防止するためにフェイスタオルを用意し、クッション代わりに挟むのがよいでしょう。また、ゆとりを持って収納するのも重要です。重ねて収納する場合は上下を互い違いにすることでしっかり収まるようになります。
冬物コートは何年も着ることが多く、収納方法を間違えることで質が悪くなってしまいます。これからも愛用していくからこそ長持ちさせることを強く意識した方がよいでしょう。

乾燥させてこまめに汚れを落とす

コートの手入れで重要となるのは乾燥させてこまめに汚れを落とすことです。手入れをせずにずっと収納する人も少なくないものの、定期的に乾燥させることと汚れを落とすことを意識しましょう。衣類は湿気を吸い込みやすく、定期的に風通しのよい場所で干して湿気を飛ばすようにしましょう。汚れもそのまま放置しておくとシミになるため、早く落とすことが大切です。ブラシでホコリを掃くだけでも違いがあります。

適切な手入れの方法を実践すればより長期的に愛用していけます。長期にわたって収納するとシミやカビになることもあります。事前に洗濯やクリーニングをするのはもちろん、定期的に手入れを行うことも忘れてはいけません。

まとめ

次のシーズンも安心してコートを着るためには正しい収納をしないといけません。基本を熟知するのはもちろん、種類によっての対応の違いも頭に入れておかないといけません。手入れ面においては定期的に乾燥させてこまめに汚れを落とすことを意識すべきです。長期的に収納することが予想される場合は特に重要となります。間違った対応によって次のシーズンに着ることができなくなる可能性もあるため、正しい収納と手入れを実践していきましょう。