オーダースーツはオプションを賢く利用しよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツはオプションを賢く利用しよう

オーダースーツはオプションを賢く利用しよう

オーダースーツは、オプションでよりオリジナリティを高めることができます。高級感を出したり、耐久性を高めることもできるため、非常にメリットも大きいでしょう。ここではオーダースーツのオプションについて上手く活用する方法を解説しています。

 

 

上手く活用したいオーダースーツのオプション

ひと口にオーダースーツといっても価格はさまざまです。オーダーと聞くとどうしても高いイメージがありますが、なかには比較的安いものもあるので、意外に誰でも利用しやすいでしょう。ここでは、オプションで高級感を見せたり耐久性を高める方法を解説します。

 

高級感に見せるコツ

どんなに簡素化されたオーダースーツでも、高級感に見せることは十分可能です。一番はやはりオプションメニューの活用になります。オプションについては後述しますが、やはりプラスするアイテムによって、どんなに安いオーダースーツでもグンと魅力的に見えるようになるでしょう。

 

そもそもオーダースーツは“自分の体にフィットしている”“着心地が良いもの”ですから、既存のスーツよりも全体的な印象は良くなります。また流行のシルエットを取り入れたり天然素材が入っている生地を使用したり、小さなことでもプラスするだけで随分違うでしょう。

 

耐久性を高めるには

ポケット周りを補強してくれるオプションや、生地の傷みを抑える布を施すなどさまざまな方法があります。安いものはどうしても破けたり擦れて傷んでしまうなど耐久性に問題があることが多いため、それを防ぐだけでも長持ち度はグンとアップするでしょう。

 

ただ通常のオーダースーツではここまで対応できないため、やはりオプションを使用することになります。

 

オプションは活用したほうが良い?

高級感を出したい方や丈夫なスーツに仕上げたい方は、オプション活用したほうが賢明です。せっかくオーダーしてもすぐ傷んでしまっては意味がありません。ただひと口にオーダースーツのオプションと言っても種類はさまざまですから、何を重視したいのかしっかり考えてから選んでください。

 

 

オーダースーツのオプションの種類

オーダースーツのオプションにもいろんな種類があります。ここでは代表的なオプションをいくつか紹介します。

 

◎ボタン

ボタンひとつでも、デザインによって高級感をもたらしたり耐久性を高めたりできます。ひと口にボタンといっても種類はさまざまですが、代表的なものは水牛・貝・レザー・ナットなどが挙げられます。高級感を出したいのであれば水牛ボタンがおすすめです。

 

◎裏地

裏地を変えてあげるだけでオリジナリティが出ますし、素材によっては耐久性も高まります。代表的な素材はポリエステルですが、通気性が悪いので夏場はおすすめしません。吸保湿性を重視するならキュプラが良いでしょう。

 

◎本切羽

ボタンホールの留め外しができる部分のことを言います。本開き仕様にすることで高級感が増すでしょう。数あるオプションの中でも人気があります。

高級感を出すならオプションを活用しよう

安いオーダースーツでも、オプションを活用すれば高級感も耐久性も出すことができます。せっかくオーダーしたスーツだからこそ、長年愛用するためにもオプションはとても重要なアイテムと言えるでしょう。