スーツをオーダーするときの注意点

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツをオーダーするときの注意点

スーツをオーダーするときの注意点

オーダースーツは世界にひとつだけのスーツなので体にフィットしシルエットも美しく見せてくれますが、一方で失敗しやすいというデメリットもあります。特に近年はオンライン発注が増えていますから、オーダースーツを検討している方は「失敗しないためのコツ」や「失敗した場合の対処法」を知って賢く利用しましょう。

 

 

スーツのオーダーで失敗しないための注意点

オーダースーツだからといって、必ずしも体にフィットするわけではありません。仕上がったスーツが体に合わずがっかりしてしまうケースも少なくないでしょう。ここではスーツをオーダーするときに失敗しないための注意点を紹介します。

 

なぜ失敗してしまうのか

オーダースーツは、ただオーダーすれば良いわけではありません。使用目的やデザインなど、どんなスーツにしたいか明確にせずオーダーしてしまうと失敗しやすいと言われています。ぼんやりとしたイメージだけでオーダーするのではなく、目的を決めることが大切です。

 

また、仮縫いをせずに仕上げてしまう場合も失敗しやすいので注意してください。 いろんな失敗例がありますが、もっとも多いのは「生地とスーツの相性が悪い」「シルエットがイメージと異なる」「シワが気になる」などが挙げられます。またオプションを付けすぎて高額になってしまうケースも少なくないようです。

 

失敗しないためのコツ

オーダースーツで失敗しないためには、

 

・仮縫いで試着する

・パンチブックを確認する

・あらかじめ予算を組んでおく

 

特にこの3つを意識しておくと良いでしょう。仮縫いは飛ばすこともできますが、このステップを省略してしまうとシルエットがイメージと違ったり、サイズ感が違ったりと理想のスーツに仕上がりません。

 

またパンチブックを確認することで、生地とスーツの相性も合いやすくなります。オーダースーツは高ければ良いというわけではありません。そこを十分理解し、オプションも付けすぎないように気をつけましょう。

 

 

万が一失敗した場合の対処法

注意してオーダーしても失敗してしまうときがあります。そんな万が一のときの対処法について解説します。

 

◎サイズミス

基本的に仕立てのときにミスはほとんどありませんが、近年はオンラインで発注できるオーダースーツが増えているためこのような事態が起こりやすいと言われています。サイズが納得がいかなかった場合は調整や仕立て直しが可能ですが、別途料金がかかる場合があるため気をつけてください。

 

◎リサイクル

仕立て直しすら不可能な場合は、買い取ってもらう方法もあります。ただオーダースーツの場合、対応していないリサイクルショップもありますので注意してください。

オーダースーツを作るときは慎重に

オーダースーツは自分の体にフィットするため魅力的ですが、一方で安易にオーダーしてしまうと失敗するケースも少なくありません。実際、オーダースーツのサイズが合わなかったり、シルエットに違和感があったりとマイナス点もあります。そういったことのないように、スーツをオーダーするときは注意点を知り、慎重に発注するようにしましょう。特にオンラインを利用する方は気をつけてください。