オーダーメイドのスーツにかかる値段について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダーメイドのスーツにかかる値段について

オーダーメイドのスーツにかかる値段について

オーダーメイドのスーツは憧れます。しかし、ただオーダーするだけでは、失敗してしまうケースもあります。オーダースーツは、オーダーの種類によって値段が大きく異なります。ここでは、オーダースーツの費用相場と値段の違いについて解説しています。オーダースーツを検討している方は必見です。

 

 

オーダーメイドのスーツの相場はどれくらい?

オーダースーツは種類によって費用が異なります。また個人に合わせて作られているので安いものから高いものまで、様々です。ここではオーダースーツの費用相場について解説します。

 

オーダーの種類によって異なる

オーダーメイドのスーツには「パターンオーダー」「イージーオーダー」「フルオーダー」の3つに分けられます。これらは値段も採寸製法も異なるため、どの方法でオーダーするかによっていろんなことが変わってきます。仕上がりも違いますし、こだわればこだわるほど値段は大きくなります。費用相場を知る前に“オーダーの種類”について十分理解しておくようにしましょう。

 

・パターンオーダー

はじめてオーダースーツを作る方におすすめです。既成サンプルからサイズ調整するので値段もそれほどかかりません。納期も2~4週間と比較的早いでしょう。

 

・イージーオーダー

パターンオーダー同様、既成サンプルを使ってサイズ調整をします。たとえば標準デザインが合わない場合に適しています。いわゆるサイズ調整のようなもので大幅な製作にはなりません。納期は3~4週間。

 

・フルオーダー

型紙から注文・作成するオーダースーツです。すべてオリジナルなので当然値段も高く、とにかくこだわりたい方に適しています。納期も4週間以上かかるので、入社に合わせて作ってもらいたい場合は早めに注文しましょう。

 

各オーダーの費用相場

上記のとおり、もっとも値段が安いのはパターンオーダーです。既成サンプルから作るので手間もかかりませんし、費用相場も2~5万円程度。まさにオーダースーツの入口と言って良いでしょう。

 

イージーオーダーも既成サンプルからサイズ調整しますが、相場は5~10万円と少し高くなります。そしてもっとも値段が高いのがフルオーダーです。最初から作るので安くても20万円程度。高い場合は100万円する場合もあります。

 

 

オーダーメイドのスーツの値段の違いについて

オーダーの種類によって値段が大きく異なることが分かりました。しかし値段の違いはそこだけではありません。値段が決まるのは“生地代”と“仕立て代”の2つ。特に大きな割合を占めているのが生地代になります。大量の生地を使用するためパターンオーダーでも数万円はします。そして良い生地を使えば当然値上がりします。生地ブランドにこだわる人はより高額になるでしょう。

 

フルオーダーの値段が高いのはそのためでもあります。 ちなみに安いスーツにはウールやポリエステルが使われているため質は下がりますが、人工的な光沢感がシワになりにくい・水濡れに強いと言ったメリットにもなるため、安い=悪いというわけではありません。

 

 

オーダーメイドのスーツは値段を確認しよう

オーダーメイドのスーツは憧れますが、それだけで注文してしまうと「思わぬ金額」になってしまう恐れがあります。オーダースーツを作ってもらう場合は事前に値段を確認し、納得したうえで注文しましょう。パターンオーダーとフルオーダーでは大きく異なります。