スーツのアイロンがけでズボンの折り目もつけて綺麗に仕上げる方法

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツのアイロンがけでズボンの折り目もつけて綺麗に仕上げる方法

スーツのアイロンがけでズボンの折り目もつけて綺麗に仕上げる方法

スーツのアイロンがけで上手に折り目をつけることは難しいものです。また、やり方によっては生地にテカリが出てしまうことも…。

 

自宅できれいに折り目をつけたアイロンがけをしたいという方に向けて、きれいに行うための方法と、テカリを出さないためのポイントについてご紹介します。

 

スーツのアイロンがけでズボンの折り目をきれいにつけるには

 

ズボンの折り目をきれいにつけるための方法について確認していきましょう。

 

スーツのアイロンがけで折り目をつけるポイント

 

スーツのアイロンがけでズボンの折り目をきれいにつけるには、次の4つがポイントです。

 

・腰回りよりも膝周りを重視する

・シワを伸ばすため生地を伸ばしながらかける

・スチームを多めに使う

・軽く押さえるようにアイロンをかける

 

きれいなラインをつけるためには、腰回りよりも膝周りを丁寧にするようにしてください。

膝周りは生地を引っ張って伸ばし、しっかりとシワをとるようにします。アイロンは滑らせるのではなく、スチームを使って上から軽く押さえるようにすると、上手にシワを伸ばせるでしょう。

 

スーツのアイロンがけで折り目をつける流れ

 

スーツにきれいな折り目をつけるための流れを見ていきましょう。

先にお話したポイントを押さえながら、次のような流れでかけていくときれいになります。

 

1.低温に設定しアイロンをあて布でくるむ

2.ズボンの両足が重なるように台におき生地を引っ張ってシワをとる

3.下に置いた脚から内側→外側の順にアイロンをかける

4.反対側の脚も同様に行う

5.腰回りのシワを適度にとる

 

脚の内側をかけ終わったら、裏返して外側をかけていきましょう。もともとついている折り目からずれないように、手でしっかりと生地を押さえながらかけていくようにしてください。

 

テカリを出さずに綺麗にアイロンがけするためのポイント

 

それでは次に、生地をテカらせずアイロンがけをするためのポイントについて解説します。

 

・設定は「低温」にすること

・あて布をすること

 

スーツの生地をテカらせずにアイロンがけをするためには、温度設定を「低温」にして、あて布をしながらかけることがポイントです。

中温以上では生地にダメージが及んでしまうこともあるため、一番低い温度設定で行いましょう。そして、薄めのハンカチなどをあて布にしてかけることでテカらせることなくアイロンがけができます。

 

スーツの折り目はアイロンがけで復活する!

 

スーツについていたきれいな折り目は、正しい方法でアイロンがけすることによって復活させることができます。また、低温設定であて布をすれば、生地にテカリが出てしまうことも防ぐことが可能。

生地を引っ張ってシワを伸ばしたら、スチームを使って押さえるようにアイロンをかけていけば、きっちりとしたラインを作れるようになれます。

 

もし、ご自宅でのやり方が難しければ、専門店にご相談されてみてください。きっと初期段階の清潔感漂うスーツが蘇ることでしょう。