オーダースーツを作る際に知っておきたいパーツを徹底解説!

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを作る際に知っておきたいパーツを徹底解説!

オーダースーツを作る際に知っておきたいパーツを徹底解説!

オーダースーツの新調を検討している人のなかには、「こだわりポイントの特徴や取り入れ方について知っておきたい」と考えている人も少なくありません。スーツを新調する際は、こだわりポイントを取り入れられるパーツやスーツタイプの種類などを十分に理解・把握しておくことが重要になってきます。 このページでは、オーダースーツのパーツやこだわりポイントを取り入れる理由、基本的なスーツの種類について解説します。

 

オーダースーツで知っておきたいパーツ

スーツを上手に着こなすためには、基本的な構造を十分に理解しておくことが大切です。とくに、以下のパーツ・部位の特徴を理解しておくことで、より理想的なオーダースーツをつくることが可能となります。

 

■ラペル
ジャケットの下側の襟にあたるラペルは、デザインによってジャケットの印象が大きく変わるパーツ。

 

■フラワーホール
フラワーホールとは、ラペルの上部に開いている穴のこと。

 

■フロントボタン
フロントボタンとは、ジャケットの前身頃を留めるボタン。

 

■胸ポケット
胸ポケットとは、ジャケットの左胸部分にあるポケットのこと。

 

■腰ポケット
腰ポケットとは、ジャケットの両側、腰の位置にあたるポケット。

 

■フロントカット
フロントカットとは、ジャケットの前身頃の裾の形状のこと。

 

■アームホール
アームホールとは、身頃と袖をつなぐために縫い合わされた箇所のこと。

 

■カフ
カフとは、ジャケットの袖口のこと。

 

■ベント
ベントとは、後ろ裾に入れられた切り込みのこと。

 

オーダースーツはパーツまでこだわって納得の1着を

スーツには、イギリス系、アメリカ系、イタリア系の3タイプがあります。3タイプの具体的な特徴については以下のとおりです。

 

■イギリス系
胴周りが絞られているスタイリッシュなもの。

 

■アメリカ系
ボックス型のスーツ。貫禄のある印象を演出できるため、中高年層や社会的立場がある人に好まれるタイプ。

 

■イタリア系
胸元のVラインがシャープに設計されているうえ、ボタンの位置が他のモデルよりも下にあるタイプ。

 

ボタンの数やポケットの形、襟の形状など、ジャケットをオーダーメイドするうえで、こだわることが可能なポイントは数多くあります。また、ビジネスシーンや冠婚葬祭、パーティーなど、どのような目的で着用するかによって、選択するスーツの種類も異なってきます。

そのため、オーダースーツを注文する際は、スーツの用途や着用する機会が多いシーンを踏まえたうえで、自分自身にピッタリなスーツをオーダーしましょう。

 

オーダースーツのパーツにまつわる特徴やポイントを押さえておこう

スーツを上手に着こなすためには、スーツの基本的な構造やパーツの特徴などを把握しておくことが大切になってきます。また、スーツには3種類のタイプがあり、それぞれスーツの形状やシルエットの見え方などが異なります。

スーツの形状やシルエットの見え方、基本的な構造・パーツの特徴などを押さえておくことが、スーツをおしゃれに着こなすための鍵になってくるといえます。