スーツが似合わない男性の誤解と似合うスーツの作り方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツが似合わない男性の誤解と似合うスーツの作り方

スーツが似合わない男性の誤解と似合うスーツの作り方

自分自身でスーツが似合わないと感じていたり、人から似合わないといわれたりしたことがあると落ち込んでしまいますが、なぜ似合う男性とそうでない人がいるのでしょうか。どのようなポイントに注意すればかっこよくスーツを着こなせるようになるのかについてご紹介していきます。

スーツが似合わない男性の3つの誤解

スーツが似合わない男性には理由があります。例えば、次の3つのような誤解をしている可能性はないでしょうか。

サイズ選びを間違えている

何より重要なのがサイズ感です。それぞれの部位が自分にとってジャストフィットするものでなければ、かっこよく着こなすことはできません。誰しもそれぞれ骨格や肉付きなどには違いがあるため、特に既製品の商品を選択している場合、自分に合っていないスーツを選択している可能性があります。

姿勢に問題がある

スーツを着ると顔が大きく見える、首が短く見えてカッコ悪く見えるから自分には似合わないと感じている男性は、姿勢に問題がないか考えてみましょう。特に猫背になっているとそれが原因でカッコ悪く見えてしまいます。

自分の体型と合わないものを着ている

ぽっこりお腹だとシルエットが崩れやすく、スーツを着こなすのが難しくなります。ダイエットするのも良いのですがすぐに変化は期待できないので、今の体型に合わせたスーツ選びをしましょう。

スーツが似合うようになる方法

先述したポイントである「適切なサイズ選び」「姿勢の矯正」「体型の改善」の3つに注目することが重要です。姿勢の矯正と体型の改善は、ストレッチやダイエット、筋トレなどによって実現可能です。

ただ、できる限りすぐにかっこよくスーツを着こなせるようになりたいと考えているのなら、最も重視したいのが適切なサイズ選びです。そのためには、オーダーメイドで1着仕立ててみてはいかがでしょうか。
自分の今の体型に合わせてジャストフィットする1着に仕上げられるので、それを着るだけでも既製品を着るのに比べて確実に見栄えが良くなります。

体型に合ったオーダースーツの作り方

オーダースーツを作る際には、自分の体型に合わせてサイズを検討することが重要です。

例えば、お腹が気になる男性は、ピチピチサイズで作るよりも窮屈さを感じさせないようなゆったりとしたサイズを選びましょう。
また、なで肩の方や痩せ気味の方は、肩パッドを入れるのもおすすめです。

自分にぴったりな1着を作るのは難しいと考えてしまいがちですが、オーダースーツ店ならスタイリストが在籍していて、どのように作ればジャストフィットするのか、かっこよく見えるのかアドバイスしてくれるので心配いりません。

すてきなスーツが似合う男になる

適度に筋肉のついた細マッチョはスーツが似合う体型と言われていますが、ご紹介してきたように姿勢なども重要になってくるので、普段の自分の姿勢を見直してみましょう。
スタイルに悩みを抱えている場合も、オーダースーツで自分の体に合ったスーツを作ることで見栄えがよくなります。

既製品を着て「どれも似合わない」と落ち込んでいる方にもおすすめです。