ワイシャツの襟汚れを自宅で簡単に落とす方法

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ワイシャツの襟汚れを自宅で簡単に落とす方法

ワイシャツの襟汚れを自宅で簡単に落とす方法

ワイシャツの襟汚れを自宅で簡単に落とす方法

かっこよくスーツを着ていても、ワイシャツの襟が汚れていると台無しです。汚くなりやすい部分でもあるので、十分に注意しておきましょう。
毎回クリーニングに出す方もいますが、自宅で簡単にできる対策があるのでご紹介します。また、できる限り汚れを予防するための方法もご紹介するので、チェックしてみてください。

ワイシャツの襟汚れを簡単に落とす方法

襟が汚れるたびにクリーニングに出すと費用がかかるため、自宅でできる簡単な対策をご紹介します。

まず、食器用洗剤と40度以上のぬるま湯を用意しましょう。バケツや洗面器にぬるま湯を入れたら汚れている部分を浸し、湿らせておきます。
続いて、汚れている部分に薄く食器用洗剤を塗ったら、手で優しく揉み洗いをしましょう。最後に洗剤をぬるま湯で洗い流してから、洗濯機に入れて洗うだけです。簡単な黄ばみならこれだけでも十分にキレイになります。

頑固な黒ずみを落とす

先述した方法を実践してみたものの、頑固な黒ずみや黄ばみが残っていて、そのまま洗濯機に入れても白くならないようなものは、洗濯機に入れる前に、漂白剤を溶かしたぬるま湯にワイシャツ全体を30分ほどつけるのが効果的です。

漂白剤には塩素系と酸素系の2種類があるのですが、ワイシャツの中には塩素系漂白剤が使用できないものもあるので注意しておきましょう。洗濯表示を確認し、使用できるかチェックしてから行うと安心です。また、物によっては酸素系漂白剤も使用できないものがあるためよく確認が必要です。

他にもいくつか方法はありますが、やり過ぎると生地を傷めてしまうようなものもあるため、個人でキレイにするのが難しいほど汚れてしまった場合は、1度クリーニングに出したほうが良いでしょう。

ワイシャツの襟汚れの予防方法

まず、ベビーパウダーを使った方法があります。襟元につく黄ばみの正体は、毛穴から分泌される皮脂なのですが、ベビーパウダーは汗や脂を吸収するため、襟のあたりに軽くはたいておくと、皮脂汚れが付着するのを防止する効果が期待できるのです。
ベビーパウダーは薬局で200~300円程度で購入できるので、用意しておくことをおすすめします。

アイロン用ののり材を使って仕上げるのも効果的です。衣類がパリッと仕上がるだけでなく、黄ばみも発生しにくくなるので、試してみてはいかがでしょうか。
また、汚れを予防するための専用のテープなども販売されていますし、自分に合った商品を選択して対策することが重要です。

先述したように、黄ばみが発生する大きな原因は、汗などに含まれている皮脂によるものなので、汗をかいたらこまめにハンカチやタオルで拭くようにするだけでもかなり違います。

汚れがひどくなる前に対策を

簡単に落ちないほどの黒ずみになってから、キレイにしようと考えてもなかなか難しいので、できる限り軽い黄ばみが発生したくらいの段階で対応しておくことをおすすめします。
ご紹介したように、黄ばみや黒ずみが発生するのを予防する方法もあるので、どちらもうまく活用しながら、いつでもかっこよくワイシャツを着こなせるようにしてみてはいかがでしょうか。