ビジネスマンのスーツに最適なパンツの裾丈の長さとは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネスマンのスーツに最適なパンツの裾丈の長さとは

ビジネスマンのスーツに最適なパンツの裾丈の長さとは

ビジネスマンのスーツに最適なパンツの裾丈の長さとは

ビジネスマンはきちっとした格好で働く必要がありますが、スーツを購入する際に、丈の長さをどれくらいにすれば良いのか悩んでしまうことがあります。そこで、理想的な長さと、靴と合わせて考える際には、どのような事に注意すれば良いのかについてご紹介しましょう。

ビジネスに最適なパンツの裾丈の長さは?

スーツを購入する際には、裾をどのように処理するか聞かれますが、ここで適切な長さを選択できるかどうかが重要です。短すぎる、長すぎず理想的な丈の長さとして、靴のヒール部分から3~4cmほど上のあたりにパンツの裾がかかるくらいにしましょう。
ポイントは、ヒール部分には裾が触れない程度の長さにするということです。もし、パンツの裾がヒールに触れるようだと、長すぎということになります。

それだけでなく、靴との摩擦の影響を受けやすくなることから、早くパンツが傷んでしまうので注意しておきましょう。

かといって、短すぎるのもよくありません。「アッパー」と呼ばれる足胃の甲部分を覆っている靴の上半分にさえ裾が触れない長さは短すぎます。

裾幅による違い

標準のパンツに比べて裾幅が細い場合、アッパーの高いところに裾がくることになるので、通常よりも少し短めにするとバランスが良くなります。反対に、通常よりも太い場合は、少し長めにしましょう。

靴に合わせた丈の調整がポイント

先述したように、パンツの長さを調整する際には、靴が1つのポイントになります。そのため、試着する際には必ず靴を履いた状態で確認しましょう。

また、選択する靴の種類によってパンツの丈を調整するとかっこよく決まります。靴の種類に合わせて何本もスラックスを準備しておくのも良いのですが、少し長めに調整しておけばロールアップで調整が可能です。

靴の種類ごとにポイントをご紹介しましょう。

紐靴

紐靴を履く場合は、裾が靴の甲に軽く乗る程度の「ハーフクッション」と呼ばれる長さに調整してみましょう。この長さにすると裾がたるむことなく、上から下までストンと落ち感が出ます。スーツと合わせた時の全体的なシルエットが美しく見えるのも特徴です。

スリッポン

ビジネスマンがスーツに合わせてスリッポンを選択する際には、「ノークション」と呼ばれる長さに調整しましょう。これはスラックスの裾が靴の甲に当たらないくらいの長さのことです。
少し足首が見える長さで、抜け感を出したいと考えた際にも向いています。ただ、短すぎるとカジュアルなイメージが強くなり、ビジネスマンには向かないシルエットになるので注意しなければなりません。

ブーツ

冬になるとスーツにハーフブーツを履く方も増えますが、ご紹介したハーフクションからワンクッションの間で調整するのがおすすめです。細かく調整してみましょう。

鏡を見てよく確認

自分の目線で上から見た時と、人が横から見た時では少し長さの印象が異なることもあるので、長さを確認する際には全身ミラーなどを活用して、どのように見えるかチェックしましょう。
普段決まった靴しか履かないのなら、ロールアップで調整するよりも丈を詰めたほうが微調整の必要もなく簡単です。靴に合わせて似合うスタイルを楽しみたいと考えているのであれば、ご紹介したようにロールアップで調整してみてください。