オーダースーツSADAの特徴|低コストで質の高さを維持する理由とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツSADAの特徴|低コストで質の高さを維持する理由とは

オーダースーツSADAの特徴|低コストで質の高さを維持する理由とは

オーダースーツSADAの特徴|低コストで質の高さを維持する理由とは

オーダースーツSADAは業界トップクラスのロープライスでオーダースーツを作れて、さらに質の高さも維持するオーダースーツブランドです。確かなフィット感を実感できて動きやすさも兼ね備えるのには明確な理由があります。ほかのオーダースーツブランドにはない特徴を有するオーダースーツSADAの魅力に迫っていきます。

オーダースーツの生産を自動システム化

仙台と北京の自社工場を拠点とし、神田にあるテクノセンターでオーダースーツの生産とWEBコントロールしているのがオーダースーツSADAの特徴です。オーダースーツの生産を自動システム化することで、採寸情報をもとにお客様それぞれの型紙をおこしていきます。裁断の工程を自動化することで寸法ミスがなくなり、縫製は手作業で行うのもオーダースーツSADAの特徴です。マシンでの作業と手作業をハイブリッドとし、業界トップクラスの低コストを実現しています。

ほかのオーダースーツブランドと比べると破格でオーダースーツの作れることはセールスポイントであるものの、質に問題があるのではないかと思う方も少なくないでしょう。オーダースーツSADAでは自動化、機械化、分業化を極限まで進め、合理的にオーダースーツを作る仕組みを確立しました。質の高さを維持しながらリーズナブルな料金でオーダースーツを作れるのがセールスポイントとなります。

20ヵ所の採寸でジャストフィットするスーツを実現

オーダースーツSADAでは体の20ヵ所を採寸してCADへ取り込んでいき、基本パターンから適切なものを選択していきます。そして生地の極小の誤差を修正し、縫製ラインで縫い上げてプレスラインで仕上げていきます。店舗に足を運べばスタッフがしっかり採寸してくれて、何も戸惑うことはありません。

ビジネスマンの場合は特に仕事のときには長時間スーツを着用することとなり、快適であるかが重要です。歩くときや座ったときなどどのシーンであっても快適にスーツを着用できれば余計なストレスが溜まることもありません。リーズナブルな料金でオーダースーツを作れるのはもちろん、細かなサイズ調整をしていくことを重視する方にとってもオーダースーツSADAの特徴はニーズにマッチするはずです。

リーズナブルな生地から有名インポート生地まで選択可能

オリジナル生地も含め、幅広く生地を取り扱うのもオーダースーツSADAの特徴です。国産のリーズナブルな生地も上質な生地である有名インポート生地も選択できます。スーツはどの生地を採用するかによって質が決まるといっても過言ではありません。相手に与える印象も大きく変わっていき、予算に余裕がある場合は上質な生地を選択するのもひとつの方法です。ほかのオーダースーツブランドと比べて若干低価格で提供されているのも魅力的です。

ニーズにマッチする生地を選択できることで望むべく一着を作りやすくなるのは間違いありません。自分に合う生地を見つけられなくとも、店舗に足を運んだ場合はスタッフが要望に沿う提案をしてくれます。オーダースーツ初心者にとって生地選びは頭を悩ませる問題になるものの、何も心配することはありません。自分の求める特徴を持つ生地を選択し、理想的な一着を作っていきましょう。

まとめ

リーズナブルな料金でありながら多くの方がリピーターとなるだけの質の高いオーダースーツを作るのがオーダースーツSADAの特徴です。服地卸問屋の一面も持ち、ほかのオーダースーツブランドと比べると若干低価格で上質な生地を選択できます。初めてオーダースーツを作る方も戸惑うことはありません。店舗に足を運んだ場合にはスタッフ採寸及びお客様の要望に沿う提案をしてくれます。まだオーダースーツを作ったことのない方は選択してみてはいかがでしょうか。