シーン別にスーツの着こなしを上手に使い分けることが社会人としてのマナーです。

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > シーンによって上手にスーツの着こなしをお使い分けよう

シーン別にスーツをうまく使いこなしてカッコよく決めよう

社会人になってスーツを着るようになると、スーツの着こなしも重要なポイントになってきます。スーツにもシーンによって着こなしのルールがありますので、シーン別のスーツの着こなし方について説明していきましょう。

スーツには次のような種類があるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

一般的にスーツ出勤の会社の場合

いわゆる一般的な会社で、毎日スーツで出勤される方は、あくまで強い主張はせず、
無地、もしくはストライプの柄を選び、色は紺やグレーなどのスーツを選びましょう。
無地柄のスーツではきっちりした大人の印象になり、ストライプ柄の場合は少し知的な印象になります。ただし、ストライプ柄を選ぶときはストライプが太すぎないものを選ぶのがポイントです。

IT関係など、オフィスカジュアルがOKな会社の場合

最近では、カジュアルスタイルで仕事をする方も増えてきました。オフィスカジュアルは、ビジネススーツよりは固くないが、カジュアル過ぎないスタイルと言われており、上はジャケット、下はジーンズやチノパンなどのパンツを組み合わせるスタイルが一般的です。
ただし、着こなし方によっては会社からNGが出てしまうケースもありますので、着こなしには注意しましょう。

取引先との商談や回食事などの場合

取引先との商談や、上司が同席するような会食接待時の場合は、相手側にある程度合わせる必要があります。特に商談などの場合は、①相手に失礼を感じさせない。②取引先の担当者として、相手が信頼、信用していただける着こなし。がポイントになります。シーンによって差が出にくい無地柄や主張の少ないストライプ柄のスーツで、落ち着いた印象を演出しましょう。

その他結婚式や葬儀の場合

結婚式の場合、スーツは黒かグレー、ネイビーが基本で、シャツは無地の白というルールがあります。ネクタイはシルバー、白を選び、黒は避けてください。また葬儀などの場合は、ブラックフォーマルで統一するというルールがあります。基本的に黒いスーツに黒ネクタイ。白シャツの組み合わせで統一しましょう。

シーンによってスーツの着こなしにもルールがある

一般的にスーツ出勤の会社の場合

いわゆる一般的な会社で、毎日スーツで出勤される方は、あくまで強い主張はせず、
無地、もしくはストライプの柄を選び、色は紺やグレーなどのスーツを選びましょう。
無地柄のスーツではきっちりした大人の印象になり、ストライプ柄の場合は少し知的な印象になります。ただし、ストライプ柄を選ぶときはストライプが太すぎないものを選ぶのがポイントです。

IT関係など、オフィスカジュアルがOKな会社の場合

最近では、カジュアルスタイルで仕事をする方も増えてきました。オフィスカジュアルは、ビジネススーツよりは固くないが、カジュアル過ぎないスタイルと言われており、上はジャケット、下はジーンズやチノパンなどのパンツを組み合わせるスタイルが一般的です。
ただし、着こなし方によっては会社からNGが出てしまうケースもありますので、着こなしには注意しましょう。

取引先との商談や回食事などの場合

取引先との商談や、上司が同席するような会食接待時の場合は、相手側にある程度合わせる必要があります。特に商談などの場合は、①相手に失礼を感じさせない。②取引先の担当者として、相手が信頼、信用していただける着こなし。がポイントになります。シーンによって差が出にくい無地柄や主張の少ないストライプ柄のスーツで、落ち着いた印象を演出しましょう。

結婚式の場合

結婚式の場合、スーツは黒かグレー、ネイビーが基本で、シャツは無地の白というルールがあります。ネクタイはシルバー、白を選び、黒は避けてください。

葬儀・お通夜の場合

葬儀などの場合は、ブラックフォーマルで統一するというルールがあります。基本的に黒いスーツに黒ネクタイ。白シャツの組み合わせで統一しましょう。

就職・転職活動で着用する場合

就職・転職シーンでスーツを着用するなら、黒のスーツに白いシャツ、ストライプのネクタイという着こなしが無難です。黒いスーツは就活・転職活動での定番となっており、白いシャツと合わせることで清潔感を与えることができます。ネクタイに関しても定番であるストライプがおすすめですが、赤はやる気を、青は誠実さを印象づけるので、シーンに合わせて色を選んでください。

また、就職・転職のシーンでは、スーツが体にフィットしていて、だらしない印象に鳴っていないことも大切です。オーダースーツであれば心配ないでしょうが、市販品を選ぶ際にも、専門店でアドバイスを受けながら選ぶべきでしょう。

入学式・卒業式で着用する場合

大学の入学式や卒業式で着用するなら、黒・ネイビー・グレーのスーツがおすすめです。華やかになりすぎないように、柄も目立ちにくいストライプ程度に抑えると良いでしょう。ダブルの2つボタンタイプのスーツと白いシャツを選べば、そのまま就活に活用することもできます。

スーツ着用の注意点

黒が強すぎるスーツは避けること

入学式や卒業式では黒のスーツでも構いませんが、黒が強すぎるものは避けるようにしてください。真っ黒のスーツは「喪服」をイメージさせることから、お祝いの場である入学式・卒業式には向いていません。

喪服との併用も避けること

真っ黒のスーツは喪服を連想させますが、スーツと喪服を併用することも避けましょう。喪服と礼装用スーツは生地自体が異なるため、どちらのシーンで使用しても良くない印象となってしまいます。

新社会人となりスーツを新調するなら

スーツを新調したいという新社会人は、ネイビーか濃いグレーのスーツを選んでください。落ち着いた印象になりすぎないように、シングルスーツを選ぶことが基本です。

シャツは白か薄い水色の無地、もしくは細めのストライプシャツなどが好印象ですが、ネクタイは多少華やかな印象でも良いでしょう。特にエンジ系のネクタイは、華やかさがありながらも落ち着いた印象を与え、さまざまな色のスーツにマッチするので、1本用意しておくと活躍してくれること間違いなしです。

TPOに合わせた着こなしは社会人としてのマナーです

それぞれのシーンによって、暗黙のルールがありますので、TPOに合わせた着こなしは社会人としてのマナーとして正しく着こなせるようにしましょう。特に冠婚葬祭の場合は、ルールがはっきりしているので、購入時に店員さんにアドバイスをもらうのも良いでしょう。