オーダーシューズで足の健康とコーディネートの両方を実現する

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダーシューズでオシャレプラス足の健康を手に入れよう

オーダーシューズで足元にもこだわりを

せっかくのオーダースーツを着こなしているのであれば足元にもこだわりたいところですね。オーダーシューズをうまく利用して、一段上のオシャレなコーディネートをしてみるのも良いでしょう。また、オーダースーツはおしゃれだけでなく、自分の足の健康にとってもメリットが沢山ありますので、上手にオーダーをして、自分の体の一部になるくらい違和感のないシューズを作成してみてはいかがでしょうか?

オーダーシューズの上手な選び方

オーダーシューズは主に2種類に分けられ、それぞれ特徴や作製にかかる期間、価格に違いがあります。

オーダーシューズの注文から納品まで

オーダーシューズには大きくフルオーダーとパターンオーダーの2種類があります。フルオーダーは全て自分仕様に作るもので、パターンオーダーは数種類の中から自分に合ったものを組み合わせるといったものです。オーダーシューズの場合は、自分の足を計測してもらい、足裏のどこに体重がかかっているかのチェックを行います。それに基づいた形でテストシューズを作成してもらい、実際にテストシューズを履いて違和感などが無いかのチェックを行います。そこからデザインを決めていき、再度微調整などを行って納品となります。

オーダーする時のポイント

オーダーシューズを作成するときに、試し履きの工程が2回ほどあります。その際に心がけるべき重要なポイントは、まず、試し履きの時には、必ず座って両足を履きましょう。また、試し履きをするときは、必ずその靴を履くときに着用する靴下を持参してください。スーツの方などは特に、休日の靴下と出勤時の靴下が異なる方が多いので、ピッタリなサイズを測定するためにも、靴下は忘れず持参しましょう。また、試し履きの時は、実際に普段歩くように歩いたりしゃがんだりして違和感が無いかを存分に確かめてください。ここで遠慮すると、後で足を痛めてしまったり、せっかくのオーダーシューズである意味がなくなってしまいます。

オーダーシューズができるまでの流れ

オーダーシューズが完成するまでの流れについて知っておきましょう。

1.カウンセリング
2.足の採寸
3.デザイン決め
4.試着品の作製
5.フィッティング
6.最終調整
7.仕上げ
8.完成

オーダーシューズ作製は、まず着用者の希望を聞くカウンセリングと、足の採寸を行うことから始まります。そして、使用する皮の種類や爪先のデザイン、カラーリング、ソールの種類など細かなデザインを決めたら、決まったデザインに沿った試着品を作製します。試着品をフィッティングして不都合がある部分を調整した後に、着色などの仕上げを行ったらオーダーシューズの完成という流れです。

オーダーシューズの上手な選び方

オーダーシューズを上手に選ぶためには、見た目だけではなく、「足の健康」に関しても考慮しながら選びましょう。足の健康に考慮したオーダーシューズの選び方とは、歩きやすく、疲れにくく、蒸れにくい靴を選ぶことです。

足の健康に考慮したオーダーシューズの選び方

足の健康に考慮したオーダーシューズとは、歩行に無理がなく、美しい姿勢と歩き方を維持できる靴のことです。オーダーシューズには軽量な「マッケイ」、耐久性の高い「グッドイヤーウェルト」、履き心地の良い「ハンドソーンウェルテッド」などの製法があり、自分の足や目的に合った製法を選ぶことも必要でしょう。

インソールオーダーもおすすめ

足の健康を考えるなら、インソールオーダーもおすすめです。自分にあったインソールを作ってもらうことで、歩行時の衝撃吸収力が高まったり、消臭効果・防寒効果・防湿効果が得られるようになったりと、より快適に靴を履き続けられるようになります。

オーダーする時のポイント

オーダーシューズを作製するときに、試し履きの工程が2回ほどあります。その際に心がけるべき重要なポイントは、まず、試し履きの時には、必ず座って両足を履きましょう。また、試し履きをするときは、必ずその靴を履くときに着用する靴下を持参してください。

スーツの方などは特に、休日の靴下と出勤時の靴下が異なる方が多いので、ピッタリなサイズを測定するためにも、靴下は忘れず持参しましょう。また、試し履きの時は、実際に普段歩くように歩いたりしゃがんだりして違和感が無いかを存分に確かめてください。ここで遠慮すると、後で足を痛めてしまったり、せっかくのオーダーシューズである意味がなくなってしまいます。

オーダーシューズのメリット

硬い革靴などの時に靴擦れを起こしてしまったり、足を痛めてしまったりしたという話はよく聞きますが、オーダーシューズの場合は、最初からサイズや歩き方、体重のかかり方などを測定して作られるため、靴擦れや足を痛めることはありません。また、足にストレスが無い為、その分仕事にも集中できます。また、オーダーですので、デザインも自分好みのものが選べるため、足元まで含めたオリジナルコーディネートが可能です。

オーダーシューズのデメリット

オーダーシューズのデメリットは、やはり「価格が高い」ということと、修正が困難だということでしょう。フルオーダーシューズであれば、30万円前後かかることは珍しくありませんが、仕上がってから「サイズが合わない」というトラブルに見舞われる可能性もあります。高額な料金を支払ってフルオーダーシューズを作ったとしても、100%の確率で自分の足にピッタリな靴が手に入るという保証はありません。

オーダーシューズのメリット

硬い革靴などの時に靴擦れを起こしてしまったり、足を痛めてしまったりしたという話はよく聞きますが、オーダーシューズの場合は、最初からサイズや歩き方、体重のかかり方などを測定して作られるため、靴擦れや足を痛めることはありません。また、足にストレスが無い為、その分仕事にも集中できます。また、オーダーですので、デザインも自分好みのものが選べるため、足元まで含めたオリジナルコーディネートが可能です。