スーツのシャツの袖丈はどれくらいが理想か

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツのシャツの袖丈はどれくらいが理想か

スーツのシャツの袖丈はどれくらいが理想か

シャツの袖丈はご自身の体型に合わせて選ぶことも大切ですが、実はスーツの長さとの兼ね合いも考えなければなりません。袖口から見えるシャツの長さにより、人から見られる印象は大きく変わってしまうためです。

 

印象良くスーツを着こなすためには、自分にとっても周囲にから見ても「ベストサイズ」であることが必要。そこで、印象良く着こなすための「シャツの袖丈」についてご紹介します。

 

理想的なスーツのシャツの袖丈

 

スーツのシャツの理想的な袖丈は、手首に出っ張っている骨が隠れる程度の長さです。手の甲までかぶさっていれば長過ぎてだらしなく見えますし、手首が完全に露出しているようであれば短すぎて苦しそうな印象になってしまいます。

 

理想的な長さは「手首が隠れて手の甲が出ること」だと覚えておけばわかりやすいでしょう。

 

袖からのYシャツの見え方で変わる印象

 

スーツから現れるYシャツの袖の見え方だけで、次のように、人の印象は大きく変わってしまいます。

 

スーツからYシャツの袖が全く見えない

 

スーツの袖から全くシャツが見えない状態では、手が長く見える反面、清潔感のない印象を与えがちです。スタイルの良さが強調されるものの、清潔感が重視される日本のビジネスシーンにおいては、避けるべき着こなし法でしょう。

 

スーツからYシャツの袖が1~1.5cmほど見える

 

スーツからYシャツの袖が1~1.5cmほど見えると、スッキリとしたバランスの良い印象になります。

 

日本のビジネスシーンで理想的とされる袖丈は、スーツから1~1.5cmほど見える長さです。清潔感があるスッキリとした印象を与えるだけでなく、自分のサイズをわかってスーツを着こなしている人だと思われやすくなります。

 

スーツからYシャツの袖が1.5cm以上見える

 

スーツからYシャツの袖が1.5cm以上見えると、爽やかではあるものの、少々バランスの悪い印象となりがちです。特に30代後半の方であれば、「フレッシュな印象」ともなり得ないため、シャツが長く見えすぎてしまわないように注意してください。

 

スーツの袖丈の長さにも注意

 

シャツの袖丈を決める際には、スーツの長さに合わせることも必要です。スーツにも袖丈が長いものと短いものがあるため、同じシャツでも袖口の見え方が変わってきてしまいます。

 

前の項目でお話したように、シャツの見え方によって印象は変わることから、スーツとシャツの袖丈のバランスを考えることが最も重要なポイントです。

 

シャツの袖丈はスーツとの兼ね合いがポイント

 

ご自身の体型に合わせてシャツを選ぶことも大切ですが、袖口の見え方で印象は大きく変わることから、スーツの長さとの兼ね合いもポイントとなります。スーツの袖丈は、製品により袖丈の長さがまちまちで、同じシャツと合わせても袖口の見え方が異なることも少なくありません。

 

いつでも印象良く、清潔感のある着こなしをしたいという方は、やはり袖丈も指定できるオーダースーツ・オーダーシャツを利用することがおすすめ。どの組み合わせで着用しても、完璧な着こなしができるようになるでしょう。