オーダースーツのステッチにこだわってスーツのおしゃれ度をアップ!

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツのステッチにこだわってスーツのおしゃれ度をアップ!

オーダースーツのステッチにこだわってスーツのおしゃれ度をアップ!

「おしゃれなオーダースーツを仕立てたい」と考えていませんか。このような方におすすめなのが、ステッチにこだわることです。このページでは、ステッチの概要とステッチの種類や特徴を解説しています。以下の情報を参考にすれば、ステッチを活用しおしゃれなオーダースーツを仕立てられるはずです。 

 

オーダースーツのおしゃれ度アップに貢献するステッチ

ステッチstitch)は、縫い目を意味する言葉ですスーツでは、襟、ポケット、フロントライン、ベントに入っていることが多いといえます。中でも、目につきやすいのが襟のステッチです。襟のステッチには、型崩れを防ぐ役割や湿気で襟が浮き上がるのを抑える働きなどがあります。 

 

また、ステッチには、スーツの印象をコントロールする働きもあります。例えば、ソリッド(無地)スーツにステッチを入れることで、カジュアルな印象に仕上げることなどができます。最近では、デザイン面ステッチを重視する方が増えてます。 

 

オーダースーツでは、ステッチを自由に入れることができます。もちろん、総ステッチとすることも可能です。ステッチを入れたい方は、その種類と特徴を理解しておきましょう。 

 

ステッチの種類と特徴

ステッチには、ハンドステッチとAMFステッチ、ミシンステッチがあります。それぞれの特徴は、以下の通りです。 

 

ハンドステッチ

職人が手縫いで仕上げたステッチを、ハンドステッチといいます。特徴は、襟がきれいに見えることとクリーニングなどで型崩れしづらいことです。ただし、対応しているオーダースーツ店が少なく、コストも高いデメリットがあります。 

 

AMFステッチ

手縫い風ステッチのことをAMFステッチ(=ピックステッチ)といいます。手縫い風であることからわかる通り、実際はミシンを使用しますハンドステッチの良さを引き継ぎながら、コストを抑えられる点が魅力です。現在、最も多くみられるステッチといえるかもしれません。 

 

ミシンステッチ

一般的なミシンで入れたステッチです。ステッチの幅を細かく調整できる点と襟のエッジを綺麗に保ちやすい点が魅力です。また、入れる位置を調整することで、スーツの印象をコントロールすることもできます。基本的には、すっきりとした印象に仕上がります。 

 

ステッチでオーダースーツをよりおしゃれに

スーツに入れられた縫い目のことをステッチといいます。型崩れを防ぐほか、スーツをおしゃれに見せる働きもあります。スーツにおけるステッチは、ハンドステッチ、AMFステッチ(ピックステッチ)、ミシンステッチに分かれます。それぞれの特徴は異なるので、理想のイメージに合わせて選択することが重要です。オーダースーツは、ステッチも自由に入れられます。おしゃれなスーツをお探しの方は、オーダースーツ店で理想の1着を仕立ててみてはいかがでしょうか。