洗練された印象を与えられるストライプスーツの着こなし術

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 洗練された印象を与えられるストライプスーツの着こなし術

洗練された印象を与えられるストライプスーツの着こなし術

洗練された印象を与えられるストライプスーツの着こなし術

ストライプスーツは知的さやスタイリッシュさと洗練された印象を与えられるのが特徴です。しかし線同士の間隔による特徴やシャツやネクタイの組み合わせと、基本を無視してしまうと悪目立ちしてしまう可能性もあります。相手に洗練された印象を与えるためには着こなしの基本を知る必要があります。ビジネスマンは商談や顧客発掘にも影響を及ぼすため、この機会に学んでいきましょう。

主張し過ぎないストライプ柄を選択

一口にストライプ柄といってもさまざまな種類があります。主張が強すぎる種類はビジネスシーンで着用すべきはではありません。覚えておくべきは線と線の間隔が広くなると力強い印象を与え、狭いほど洗練された印象を与えることです。

一見無地のように見えるシャドーストライプはビジネスシーンにうってつけです。主張すぎることがなく、着回しをするにしても汎用性が高い柄となります。柄ごとの違いを理解せずにどれも同じと思って選択すると失敗する可能性は高まります。ビジネスマンは特に種類によっての違いを理解すべきです。

シャツやネクタイの合わせ方について

ストライプスーツとシャツやネクタイをどう合わせるかによって印象は大きく変わります。シャツはビジネスシーンであるからこそ無地のホワイトやライトブルーを選択するのがよいでしょう。オーソドックスなビジネススタイルを形成するのに適しており、相手に洗練された清潔なイメージを与えることができます。

ネクタイは小さめのドット柄を選択すればまとまったイメージに仕上がります。ストライプのネクタイを合わせる場合は幅に変化を持たせるのが重要です。ドット柄のように使える小紋柄やインパクトを抑えた無地を選択するのもよいでしょう。シャツとネクタイのうちで柄を使えるのは1つまでで、すべて柄物にするとゴチャゴチャしたコーディネートとなってしまうのが注意点です。

TPOをわきまえたコーディネートをする

ビジネススタイルの王道であるストライプスーツはTPOをわきまえたコーディネートをするのが鉄則です。細いラインだとシャープなイメージとなっても、太いラインでは主張が強すぎてビジネスシーンでは相応しくありません。相手に与える印象や着用シーンを想定していないとドレスコードに反してしまうかもしれません。

線同士の間隔が広めではっきりとしたストライプが際立つスーツの場合はあまり堅くない職業のビジネスマンなら選択できます。一方厳しい服装のルールが設けられている職場では線同士の間隔が狭いのが望ましいです。無地とは異なる雰囲気を醸し出し、上質なスーツを着用していることが伝わります。しかしTPOをわきまえたコーディネートをしないと悪目立ちしてしまうのが注意点です。

オシャレとはその場において周囲から浮くことなく、限られた条件で個性を出すことです。決して悪目立ちすることがオシャレではありません。一見大人しい柄の方がコーディネートをするうえにおいても楽になります。無地のスーツと比べると目立つからこそ、職場のルールや雰囲気から考えて選択すべきかどうかをまずは確認した方がよいでしょう。

まとめ

TPOをわきまえたコーディネートをしつつ、相手に洗練された印象を与えるストライプスーツを選択するためのポイントを理解できたでしょうか。線同士の間隔によってイメージが変わり、シャツやネクタイの組み合わせにも注意点があります。ビジネスシーンで悪目立ちしてしまうことがないようにコーディネートしましょう。知的さやスタイリッシュさを兼ね備えた服装であることがビジネスマンとしての価値を高めることになります。無地よりもコーディネートが難しくはなるものの、ポイントを理解すれば適した対応ができます。