【男性ゲスト向け】結婚式に参加するときのスーツマナーの基本

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 【男性ゲスト向け】結婚式に参加するときのスーツマナーの基本

【男性ゲスト向け】結婚式に参加するときのスーツマナーの基本

【男性ゲスト向け】結婚式に参加するときのスーツマナーの基本

結婚式に男性ゲストとして参加することは一般的に年に数回程度とそう多くはありません。しかしビジネスシーンとは異なるスーツマナーを熟知していないと恥をかくことになりかねません。男性ゲストの結婚式用のスーツマナーの基本を知っていきましょう。何がNGのコーディネートであるかも合わせて把握すれば失敗することはなくなります。

ブラックスーツを選択すれば失敗しない

結婚式の主役はいうまでもなく新郎新婦です。参加するゲストは新郎新婦よりも目立たないコーディネートを意識しましょう。カジュアルさが際立つあるいはフォーマル過ぎるコーディネートも避けるべきです。堅すぎずそれでいて華やかな場に相応しいコーディネートの基本はブラックスーツを選択することです。格式の高い場でもカジュアルな場でもブラックスーツは適しています。

しかしスーツマナーとして覚えておくべきは葬式を連想させる全身真っ黒なコーディネートにしないことです。ネクタイやベストを明るい色にするなど、派手過ぎない華やかな仕上がりにしましょう。紺色やチャコールグレーの無地のスーツを選択しても問題ありません。薄めのストライプや淡いパステルカラーも悪目立ちせず選択可能です。

今後何度も結婚式に男性ゲストとして参加することが予想されるのなら、ブラックスーツを購入しておいた方がよいでしょう。最も無難なスーツスタイルを形成するのに役立ち、場を選ばず採用できます。

スーツ以外のアイテムのマナーについて

スーツに合わせるシャツはフォーマルな場で役立つ無地の白を選択しましょう。カジュアルな場であればカラーシャツを選択しても問題ありません。襟の形はウイングカラーかレギュラーカラーが望ましいです。袖口とカフスボタンはフォーマルな仕上がりであれば特に規定はなく、できるだけシンプルなものを選択しましょう。

ネクタイもシャツと同じく白を選択すれば問題なく、柄はストライプや小紋柄にしましょう。ポケットチーフはネクタイに合わせて統一感を出すようにし、リネン素材かシルク素材が望ましいです。革靴は黒の内羽根タイプでストレートチップを選択し、カジュアルな印象にならないようにしましょう。靴下は黒のミドル丈を選択するのがよいでしょう。ネクタイピンはネクタイの柄に合わせてシンプルながらも華やかな仕上がりにすることを意識しましょう。ベストを着用する場合はジャケットを脱いでベスト姿にならないようにすべきです。

関係性によって結婚式のスーツマナーが変わる

一口に男性ゲストとして結婚式に参加するといっても関係性によってスーツマナーが変わるのが注意点です。新郎新婦の上司の場合は格を意識し、主賓として上品な装いをするのがスーツマナーです。スピーチを行う友人代表は上品で清潔感のある装いをするためにネクタイやチーフで華やかな仕上がりにしましょう。家族で結婚式にゲストとして参加する場合は服装の格を揃えるのがスーツマナーです。お揃いの小物を取り入れるのも問題ありません。

基本となる男性ゲストとしての結婚式でのスーツマナーを熟知するとともに、関係性によって臨機応変に対応していかないといけません。また、格式のあるホテルや伝統のある神社、レストランウェディングやナイトウェディングであるかといった違いもあります。失敗しないコーディネートを意識すれば関係性や場の違いにも対応しやすいです。

まとめ

新郎新婦を祝福する結婚式に男性ゲストとして参加ときのスーツマナーを知らないと恥をかくことになります。自分が目立つことを主と考えるべきではなく、新郎新婦を立てるために堅すぎず華やかな装いになるようにしましょう。大成功のコーディネートよりも失敗しないコーディネートを意識するのも大切です。新郎新婦との関係性や場によっても適した対応が必要となるからこそ、基本に忠実なコーディネートを取り入れていきましょう。