できるビジネスマンが実践するスーツ映えさせる3つのポイント

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > できるビジネスマンが実践するスーツ映えさせる3つのポイント

できるビジネスマンが実践するスーツ映えさせる3つのポイント

できるビジネスマンが実践するスーツ映えさせる3つのポイント

できるビジネスマンほど見た目が第一印象を決めることを熟知し、スーツ映えさせることに拘ります。相手に好印象を与えられるようにするには着こなしの基本を身に付ける必要があります。初対面の機会や商談と信用が今後のビジネスに関わっていくものです。できるビジネスマンがスーツ映えするポイントを知り、今までのイメージを一新させていきましょう。

ジャストサイズのスーツで見栄えは変わる

スーツ映えさせるにはジャストサイズであるのがポイントです。大きめのサイズを選択するとだらしなく映り、小さいサイズを選択すると体型の気になる部分が強調されてしまいます。首の後ろにシワが寄っていると背幅が足りず自分の体型よりも細く、上着の丈はお尻から2/3を目安に隠れる長さにしましょう。胸元の幅は拳一個が入るのが望ましく、ウエストの幅はくびれが見えてかつシワが入らないようにすべきです。

襟元が浮いているときはジャストサイズではなく、ピッタリ沿うにしてスーツ映えをよくしましょう。さらにジャケットのベントが自然と落ちているか、ジャケットの前ボタンを閉めたときはX字状にシワが寄り過ぎていないかにも注目しましょう。

できるビジネスマンはスーツ映えさせるためのベストバランスがあることを熟知しています。長期的に着用していくからこそ、見るだけで判断するのではなく試着してジャストサイズであるかを確認するのがポイントです。

スーツの種類による見栄えの違い

スーツの種類は大きく分けるとシングルとダブルの2つとなります。ビジネスマンの定番となるのは前のボタンの並び方が一列のシングルです。ダブルは前のボタンの並びが二列あり、ボタンの数が4つ〜6つでバリュエーションが豊富です。フォーマルあるいはクラシックな印象を相手に与えます。

さらに2ピースと3ピースのどちらを選択するかも考える必要があります。ジャケットとスラックスで構成されるのが2ピースで一般的な種類となります。3ピースはベストを加えて構成され、カジュアルな着こなしも可能です。また2つボタンと3つボタンによる違いもあります。2つボタンはVゾーンが広くなってシャープな印象に仕上がり、3つボタンはクラシックな印象に仕上がります。

相手にどういった印象を与えたいかを考えてどの種類が適しているのかを考えていきましょう。もちろん会社として問題ない種類であるかも考えないといけません。

ネクタイの色と柄による印象の違い

スーツ映えさせるには間違えないネクタイ選びをするのがポイントです。ビジネスシーンでは長さは140cm程度が一般的で大剣の幅は7〜8.5cmを目安としましょう。色はネイビーやグレーを選択するのが定番で落ち着きのあるトーンとするのがよいでしょう。同色系でまとめると失敗が少なくなります。

柄は無地が基本中の基本でどのシャツにも合わせやすいです。ストライプもビジネスシーンでオーソドックスな柄です。派手になり過ぎないようにするのが注意点となります。チェックはカジュアルな印象を与え、小紋は上品な印象を与えます。スーツ映えさせるには相手に与えた印象を加味して色と柄を選択するのがポイントです。

まとめ

できるビジネスマンはジャストサイズのスーツに仕立て、さらに種類によっての違いも熟知して選択しています。さらにネクタイの色と柄を相手に与えたい印象を加味して選択しています。信用が今後のビジネスに影響するビジネスマンにとってスーツ映えさせることはただのファッションと考えるべきではありません。自分の人生の今後に影響する要素と位置付けた方がよいでしょう。奇抜なコーディネートをするのではなく、ビジネスマンとして自分がどう見られるかを考えて基本に沿ってのコーディネートをしましょう。