ひと味違うできるビジネスマンの夏スーツの着こなし術を解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ひと味違うできるビジネスマンの夏スーツの着こなし術を解説

ひと味違うできるビジネスマンの夏スーツの着こなし術を解説

ひと味違うできるビジネスマンの夏スーツの着こなし術を解説

スーツの着こなしは季節に応じて変えていくべきです。できるビジネスマンは季節ごとのスーツの着こなしをしています。高温多湿の夏は少しでも涼しく乗り切るために快適に過ごせるものを選択するのが重要です。どれでも同じと考えずに素材や色選びに拘ってみてはいかがでしょうか。さらにどうお手入れをするかも注目すべき点です。ちょっとした工夫でより夏のビジネススタイルを楽しむことができます。

適した素材と色について

夏スーツを着こなすうえで必須となるのは適した素材と色を選択することです。素材はそれぞれで異なる特徴を持ち合わせており、季節に応じた選び方をすべきです。夏は汗をかきやすく吸湿性に優れ、さらに通気性に優れて軽い着心地が特徴の素材であるのが望ましいといえます。該当する素材となるのがコットンとリネンです。長時間スーツを着用するビジネスマンにとって必要な要素を持ち合わせています。

また夏には不適切と思われる羊毛素材も織り方によっては適した素材となります。サマーウールはシワになりにくく通気性に優れ、涼しい着心地を感じられる素材です。トロピカル素材も吸汗性に優れ、薄くて軽いうえに丈夫で暑い季節を乗り切りたいビジネスマンにうってつけです。

色は涼しさを感じさせるブルー系を選択しましょう。ビジネスシーンの定番である明るめのネイビーを選択すれば問題ありません。ライトネイビーやブルーグレーといった色を選択する方法もあります。シャツとネクタイは清涼感があって快適な印象を与えるホワイトをベースにするのがよいでしょう。夏スーツを着こなすにはデザインばかりに目を奪われることなくワークスタイルに合う素材と色を選ぶのが基本です。

心地よい着用感を演出するインナーを選択する

いくら夏スーツに適した素材と色を選択したとしても、インナーが暑苦しいと快適に過ごせません。インナーを選ぶにあたってはどういった機能素材であるかに注目しましょう。

熱い季節は涼感、吸湿、速乾といった機能を持ち合わせているのが望ましいです。心地よい着用感を演出するインナーを選択すれば、冷房が抑えられている場合も快適に過ごしやすくなります。

着こなしに影響を及ぼすお手入れ

夏はスーツを着用しているときに汗をかき、保管しているときも湿気が多いのが問題です。シワや汚れ取りを疎かにしてしまうとダメージを受けやすくなります。ブラッシングでちりやほこりをかき出し、霧吹きで表面を湿らせてから風通りのよい場所に吊るして保管しましょう。汗の臭いが気になる場合は衣類の消臭剤を使いましょう。外側のみならず、内側にもしっかりスプレーするのがコツです。スプレー後の湿りは風通しのよい場所で吊っておけば蒸発していきます。

日々のお手入れによってビシッとスーツを着こなせるかが変わっていきます。汗をかきやすい暑い季節は特にダメージを軽減するためのお手入れが重要です。ビシッとした着こなしかだらしない着こなしかはどのブランドを選択するかではなく、お手入れ次第といっても過言ではありません。シワや汚れはつきものであるからこそ、着用後のお手入れを習慣化するのが望ましいです。

まとめ

夏スーツの正しい着こなしは適した素材と色を選択することによって実現します。インナー選びも一工夫して快適に過ごせるようにし、着こなしにも影響を及ぼすお手入れも習慣化しましょう。できるビジネスマンほど季節に応じて適した選択をし、お手入れも疎かにしません。決して特別なことではなく、今日からでも対応できることです。当たり前のことを当たり前に行うことこそ暑い季節を乗り切るためのポイントになります。暑い季節でもビシッとした見た目で快適に過ごせる対応をしていきましょう。