初めてオーダースーツを作るうえでの3つの注意点について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 初めてオーダースーツを作るうえでの3つの注意点について

初めてオーダースーツを作るうえでの3つの注意点について

初めてオーダースーツを作るうえでの3つの注意点について

自由にサイズやデザインを選べて既製スーツよりも長持ちし、自分の価値を高める武器として活躍するのがオーダースーツです。さまざまなメリットのあるオーダースーツを初めて作る場合は3つの注意点を覚えておきましょう。望むべく選択をしたつもりが予算オーバーとなったり満足のできない仕上がりになったりする可能性があります。

オーダーの方法を3種類から選択

これから初めてオーダースーツを作る場合、フルオーダー、パターンオーダー、イージーオーダーの3種類のどれを選択すべきかをまずは考えましょう。フルオーダーは採寸や縫製をすべて職人の手で行い、生地やデザインを世界でたったひとつのオリジナルで作れるのがセールスポイントです。最も高い技術力を駆使する分、価格はほかのオーダーの方法よりも高くなります。強い拘りをいかしてスーツを作りたい場合に適しています。

パターンオーダーは既製スーツをもとにサイズを合わせて生地やデザインを決めてスーツを作っていきます。既製スーツを微調整として仕上げていきます。イージーオーダーはあらかじめ用意されているものから生地やデザインなどを決めて作っていく分、自由度は低くなるものです。早く仕上げられて最も価格が安いのがセールスポイントです。

どのオーダーの方法でも自由にサイズやデザインを選んで自分だけのオリジナルのスーツを作ることには変わりありません。ジャストサイズに仕上げることによってシワやヨレができにくくなり、スーツの寿命を延ばすことにつながります。

事前に目的と予算を明確にする

オーダースーツを作るときの注意点となるのが事前に目的と予算を明確にしないといけないことです。着用シーンによってどういったスーツを作るべきか変わっていきます。ビジネスシーンを想定するのか結婚式やパーティーを想定するのか、人それぞれスーツを作る目的は変わるでしょう。幅広いシーンで着用できるスーツを作る場合はシンプルなデザインにしないとTPO違いとなってしまいます。

予算も事前に決めておくにこしたことはありません。どの生地やデザインを採用し、さらにはボタンや裏地などのオプションを加えるかの選択もあります。初めてオーダースーツを作る方は目移りをして予算オーバーとなる場合も少なくありません。予算内でどこまで自分の拘りを追求できるかを把握しておきたいところです。

テーラーと納得ができるまで相談して決める

初めてオーダースーツを作る場合はテーラーのいる専門店に足を運ぶのがおすすめです。スーツに関して分からないことも質問すれば答えてくれる存在となります。予約をすればテーラーとスムーズにスーツ作りがスタートできます。着用シーンや好みに合わせて採寸して生地やデザインを決めていきます。

テーラーに自分の希望をちゃんと伝えることができれば適した提案をしてくれるものです。専門店に足を運ぶ前に自分のイメージを膨らませておかないとテーラーに希望が伝わりにくいのが注意点です。

ヒアリングを含めると1~2時間程度の時間がかかることになるでしょう。時間に余裕があるときに専門店に足を運ぶようにしましょう。もちろんスタンダードなもの以外は追加料金が発生するため、予算もテーラーに伝えておく必要があるのも注意点です。

まとめ

オーダースーツを作ること自体は簡単であるものの、予算内で満足な仕上がりとするには目的と予算を決めておく必要があります。そしてテーラーに多くの情報を提供して自分の希望通りの仕上がりにすべき適した提案をしてもらうことが大切です。何度もオーダースーツを作ったことがある方はすでに3つの注意点を理解しているでしょう。専門店に足を運ぶ前に自分で準備をしておけば失敗することは少なくなります。望むべく一着を作るためには行き当たりばったりの対応はNGです。