ネクタイとシャツの合わせ方ひとつであなたもオシャレさんになれる

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ネクタイをうまく合わせることによってオシャレ度が増す

オーダースーツならネクタイにもこだわりたい

オーダースーツを購入してシルエットもカッコ良く決まりました。
これで準備万端です。いやいや、ちょっと待ってください。
せっかくのオーダースーツですし、ネクタイにもこだわってみましょう。
ちょっとしたコーディネートのコツを覚えれば、あなたもいつもより一歩進んだオシャレさんになることだって可能です。

シャツとネクタイのオシャレなコーディネートは?

3色内にまとめてセンス良い着こなしを

シャツとネクタイのコーディネートがなかなか決まらない。
そんな時のワンポイントです。シャツはネクタイに使用されている色と同系色の色が入ったものを選びましょう。
例えばブルー系であれば、ブルーのストライプのシャツをチョイスすることによって、全体的なバランスが良くなり、センス良く見えるようになります。
コツは、シャツとネクタイを合わせて3色以内に抑えてみることです。

さらにセンスを磨け!同系色と補色の着こなし術

同系色でシックに抑えたいとき、例えば、ピンク系のシャツを着た場合は、ネクタイもそれに合わせて、ピンク~淡い赤系統のものを選びましょう。
ここでのポイントは、同系統の色をチョイスする場合は、カラーの濃淡でシャツとネクタイの強弱をはっきりさせることです。
また、いつもより華やかに着こなしたい場合は、思い切ってネクタイに補色のカラーを組み合わせてみましょう。
補色とは、互いの色を最も目立たせる色の事を指します。
例えば、ブルー系のシャツの補色は黄色系のネクタイが補色になります。
補色を意識したコーディネートをすることによって胸元が強調され、インパクトのある着こなしができるようになります。

上級者向け、柄との組み合わせ方

シャツに柄が入っている場合はネクタイの柄と柄の大きさを変えてバランスをとるのがポイント。
細かいチェックのシャツには太いストライプのものを合わせましょう。

ネクタイの柄

最後に、ネクタイの柄行の特徴と印象・コーディネートするときのポイントについてまとめました。

ストライプ(細)
真面目、同じ太さのストライプスーツ・シャツとは合いにくい

ストライプ(太)
カジュアル、同じ太さのストライプスーツ・シャツとは合いにくい

チェック
親近感、大人っぽくするには落ち着いた色合いを選ぶこと

小紋
知的・控えめ、ストライプ柄と相性が良い

ドット
上品さ、落ち着いた印象にするには小さなドットを選ぶと良い

シャツとネクタイのオシャレなコーディネートは?

3色内にまとめてセンス良い着こなし

シャツとネクタイのコーディネートがなかなか決まらない。
そんな時のワンポイントです。シャツはネクタイに使用されている色と同系色の色が入ったものを選びましょう。
例えばブルー系であれば、ブルーのストライプのシャツをチョイスすることによって、全体的なバランスが良くなり、センス良く見えるようになります。
コツは、シャツとネクタイを合わせて3色以内に抑えてみることです。

さらにセンスを磨け!同系色と補色の着こなし術

同系色でシックに抑えたいとき、例えば、ピンク系のシャツを着た場合は、ネクタイもそれに合わせて、ピンク~淡い赤系統のものを選びましょう。
ここでのポイントは、同系統の色をチョイスする場合は、カラーの濃淡でシャツとネクタイの強弱をはっきりさせることです。
また、いつもより華やかに着こなしたい場合は、思い切ってネクタイに補色のカラーを組み合わせてみましょう。
補色とは、互いの色を最も目立たせる色の事を指します。

例えば、ブルー系のシャツの補色は黄色系のネクタイが補色になります。
補色を意識したコーディネートをすることによって胸元が強調され、インパクトのある着こなしができるようになります。

上級者向け、柄との組み合わせ方

シャツに柄が入っている場合はネクタイの柄と柄の大きさを変えてバランスをとるのがポイント。
細かいチェックのシャツには太いストライプのものを合わせましょう。

ペイズリー柄は合わせにくく感じられますが、ストライプやチェックとの相性も良く、同色系でまとめることで大人っぽさと高級感を与えることができます。
また、ドット柄はシャツやスーツの定番であるストライプと相性が良いため、ひとつ用意しておけばさまざまな組み合わせで活躍してくれるでしょう。

同系色と補色、柄の3つもポイントでオシャレさんになろう

シャツとネクタイは無限に組み合わせがあるため、それだけ着こなしのセンスが問われます。
今日はシックか華やか系か、同系色、補色、柄という3つのポイントをうまく利用して、その時や場所に合わせた着こなしができると、着こなしセンスの良いオシャレさん。
という印象が変わります。
以上のポイントをしっかり見極めて楽しく出社してみてはいかがでしょうか?