【大学の入学式の服装】選ぶうえでのポイントについて

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 【大学の入学式の服装】選ぶうえでのポイントについて

【大学の入学式の服装】選ぶうえでのポイントについて

大学の入学式の服装に明確なルールはなく、私服でも問題はないです。しかし、ほとんどの人はスーツを着用して参加しています。一口にスーツといっても色や柄やデザインの選択ができます。大学の入学式で相応しい服装となるスーツのコーディネートは頭を悩ませる問題になるものの、ポイントさえ把握しておけばそう難しくはありません。

目立ちすぎない服装を選択

これから大学の入学式に参加する男子大学生はスーツに袖を通した経験も少なく、一生に一度の晴れ舞台だからこそ目立つファッションでバッチリ決めたい気持ちもあるでしょう。しかしぐっとこらえて目立たない服装を選択しましょう。これから成人式や結婚式、卒業式、発表会とスーツに袖を通す機会は今後多くなっていきます。その時限りしか着用できないスーツよりも幅広いシーンで着用できるスーツの方が使い勝手よいのは間違いありません。

仕事や就職活動などのときに着用するシングルで色は紺やブラックの濃い色を選択すれば問題ありません。シャツやネクタイがどんな色でも似合う色となります。しかし、真っ黒のスーツは喪服を連想させて不向きとされています。上品さや清潔感を出すのならグレーを選択するのがよいでしょう。落ち着いた感じが強調され、シャツやネクタイで華やかさを演出することもできます。

また、シャツの色と柄は無地の白が無難な選択となります。色がついたものを選択する場合はライトカラーだと目立って浮くこともありません。ネクタイや靴下でアクセントを加えることで、周囲との差別化を図るコーディネートにできます。

ジャストサイズのスーツを着用する

大学の入学式の服装に限らず、スーツを着用するうえで最も重要であるのはジャストサイズであるかどうかです。サイズが合っていないことで窮屈そうに見えたりだらしなく見えたりしてしまいます。どんな高級なブランドスーツであってもジャストサイズでないとおしゃれに着こなすことはできません。既製スーツを購入する場合はちゃんと採寸しましょう。

スーツをオーダーすれば標準体型でない人もジャストサイズに仕上がります。また、周囲との差別化を図るスーツを選択したい場合においてもオーダースーツがおすすめです。

間違ったスーツの着こなしに要注意

せっかく大学の入学式に相応しい服装であるものの、間違ったスーツの着こなしをしてしまう人もいます。何が間違ったスーツの着こなしであるかを知っていきましょう。まず、スーツのボタンはすべて留めるものではなく、一番下のボタンは留めないようにしましょう。ポケットにものをたくさん入れるのもだらしない印象を与えるとともに、型崩れの原因になってしまいます。

スニーカーソックスを履くことで悪目立ちしてしまうため、スーツの色合いに合わせるのが基本です。丈の短い靴下を履いたときには足を組んだときにすね毛が見えてしまうため、丈の長い靴下を選択しましょう。ネクタイが緩いのもだらしなく映ってしまうため、しっかり上まで上げるようにしましょう。

一生に一度の晴れ舞台である大学の入学式で恥をかかない服装にするには基本に忠実であるのが大切です。目立つことを目的とせず、大人としての立場に相応しいかを第一に考えるべきです。

まとめ

大学の入学式での服装は私服ではなくスーツを着用するのが基本です。奇抜なスーツを着用するのではなく、今後のことも考慮して目立ちすぎないスーツを選択すべきです。ジャストサイズのスーツを着用し、間違った着こなしをしていないかもチェックしましょう。無難なコーディネートの中にもこだわりのポイントを加えることができます。目立つことを目的としたスーツを選択すると周りから浮いてしまうため、基本は無難な選択をすることを意識しましょう。