男子大学生の入学式の服装|色、柄、サイズ、小物を解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 男子大学生の入学式の服装|色、柄、サイズ、小物を解説

男子大学生の入学式の服装|色、柄、サイズ、小物を解説

男子大学生の入学式の服装|色、柄、サイズ、小物を解説

男子大学生の入学式の服装は私服ではなくスーツ姿が基本です。問題となるのはどういったスーツ選びをするかでしょう。自分の拘りを最優先に考えるのではなく、男子大学生の入学式の服装に相応しいかを考えないといけません。初めての経験であるからこそ、色、柄、サイズ、小物の選択を間違えてしまう方も多いものです。基本となる選択を覚えていきましょう。

無難な選択をすべき理由について

男子大学生の入学式用のスーツは無難な選択をすべきです。悪目立ちすることなく大人としての第一歩に相応しいスーツは黒、紺、薄いグレーといった定番の色です。一生に一度の場であるからこそ特別な服装をしていきたいと考える方もいるでしょう。しかし今後就職活動や冠婚葬祭とスーツを着用する場面は多くなるのが予想されます。

男子大学生の入学式だけ着用できるスーツは汎用性が低く、押し入れに入れっぱなしになってしまうかもしれません。流行りの形を採用するのもおすすめできません。数年で流行りは変わっていき、先々で着用しなく可能性もあります。無地で定番の色のスーツは味気なさを感じるかもしれません。しかし汎用性が高く今後も着用していきやすいです。

ワイシャツにおいても基本となる考え方は無難な選択です。白を基本とし、色つきのものを選ぶ場合はライトカラーにしましょう。柄も無地かシャドーストライプで問題ありません。

ジャストサイズを実現するにはオーダースーツ

正しいスーツの着こなしで最も重要なのはジャストサイズであることです。既製スーツであってもおおよそのサイズ感を合わせることはできても、細かいサイズ調整は難しいです。サイズが大きすぎても小さすぎても不格好になってしまうため、オーダースーツを作るのがおすすめとなります。肩幅、袖丈、胸囲、胴衣と細かなサイズ調整に対応できるのがオーダースーツのセールスポイントです。

さらに生地やデザインを自由に選択できてボタンや裏地といったオプションを加えることもできます。社会人になってからもスーツを着用することを考えて汎用性が仕上がりを目指すのが望ましく、テーラーと相談しながら理想的な一着を作っていきましょう。

小物でアクセントを加える

男子大学生の入学式の服装は無難なスーツ姿であるのが望ましく、悪目立ちすることは避けるべきです。せっかくの機会であるからこそアクセントを加えるのなら小物を取り入れていきましょう。明るめのネクタイや靴下を着用したりポケットチーフやラペルピンしたりして式典らしさを加えることができます。ベルトや革靴は本革のものを選択すると大人の男性としての印象が強まります。

男子大学生の入学式のスーツ姿のテーマは清潔感と爽やかさを感じられるかです。悪目立ちする服装は避けるにこしたことはありません。ポケットにたくさん物が入っていると型崩れが目立ち、一番下のボタンは外すといったルールも忘れてはいけません。常識の範囲内でおしゃれを楽しむ分には何も問題ありません。

特別な日だからこそ特別な装いをするのが正しいわけではなく、周囲から浮いてしまわない服装にするのも式典の雰囲気を壊さないための要素のひとつです。

まとめ

男子大学生の入学式の服装は簡単そうで難しく、ただスーツ姿であれば問題ないと考えるのは早計です。無難な選択でありながらも正しいスーツの着こなしができているかが肝心です。先々にスーツを着用するのも見越してオーダースーツを作るのもおすすめの方法となります。アクセントを加えるのなら小物に注目しましょう。無難過ぎるコーディネートに華やかさが加わります。周囲から浮いた服装にならないようにするには基本に忠実であることが何より大切です。