衣替えの季節に合わせてスーツを新調して衣替えしよう

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム >

衣替えの季節に合わせてスーツを新調して衣替えしよう

スーツは年中同じものを着回すのが当たり前だと思っていませんか?もちろん、それもできるのですが、オシャレなビジネスマンを目指すなら、やはり季節に合わせて衣替えやスーツの新調をしたいところ。
では一体、どんなデザインやファッションを取り入れて新調すればよいのでしょうか。衣替えに合わせた、さまざまな選び方を学んでいきましょう。

春夏に着たい、薄手生地を新調して衣替えしよう

まずは、春夏に向けて新調したい衣替え用についてです。春夏向けの生地は、基本的に薄手で軽い素材でできています。近頃はクールビズのために冷房の温度を上げているオフィスも多いため、ビジネスマンならばぜひ持っておきたいでしょう。

通気性のいい生地の代表格と言えるコットン(木綿)のジャケットは、春夏用スーツのスタンダードです。その他、近年人気が高まっているのは、麻が原料となったリネン生地でしょう。リネンはコットンに比べて2倍もの強靭さを持つのが特徴です。薄手に見えても、ハードなオフィスワークに耐えられる丈夫さがあるのです。

吸湿や発散も、他の生地に比べて優れているので、夏の暑い時でも安心ですね。注目は、シアサッカー素材のスーツです。日本においてはしじら織りとも呼ばれているこの素材は、波のような縞があるのが特徴です。サラリと肌触りの良い感触の生地で、夏場でも涼しく着られる、快適な素材がおすすめです。

普通の生地に比べて、シワになりにくいのも嬉しいところですね。また、春夏用を新調する際に気をつけておきたいのが裏地です。裏地は基本的に背中全面に張ってある「総裏」と呼ばれるものですが、春夏向けの場合は「背抜き」と呼ばれる背中の部分を除いて張ってあるタイプのものがあります。

涼しいジャケットを求めるなら、積極的に選んでいきたいですね。そして、秋冬用に比べて明るい色味が多いのも春夏向けの特徴です。オシャレなビジネスマンならば、爽やかなライトブルーや、オフィスにしっくりと馴染むライトグレー、個性的なストライプなど、積極的に着こなしていきたいですね。

秋冬に着たい、しっかりとした厚手生地のスーツを新調して衣替えしよう

秋冬に向けて衣替えするスーツは、厚手で触ると温かみを感じられる生地のものが好まれています。例えば、暖かい素材としてよく知られているウール。特にウールの中でも、フランネルと呼ばれる素材のものが、秋冬スーツにはよく使われています。

また、ツイードと呼ばれる太い糸でおられたウール生地も人気です。主にスコットランドなどで作られるハードな手触りのウール生地で、カジュアルスーツ向きと言われています。暖かく少しざらざらとしているのが特徴です。

ホームスパンは、ざっくりとしたハンドメイド風に織られたツイード生地の一種です。代表的なものにハリスツイードがあり、弾力のある手触りと暖かい風合いがジャケットなどの生地として人気です。また、秋冬向けスーツでは、細めのストライプ柄や、ヘリンボーン柄などをよく見かけます。生地の質感と組み合わせて、好みのものを探してみましょう。チェック柄なども、オシャレで良いですね。色では、濃いめのグレーや、グレーがかった渋めのブラウンなどが秋冬らしくておすすめです。