スーツに合うシャツのサイズー測り方とシャツの選び方もチェック

オーダースーツ完全網羅 おすすめ比較ランキング50店 1121人の辛口調査結果公開 > コラム > スーツに合うシャツのサイズー測り方とシャツの選び方もチェック

スーツに合うシャツのサイズー測り方とシャツの選び方もチェック

スーツを着こなすためには、自分に合う正しいサイズを把握することが大切です。 特にワイシャツは毎日着るものですから、大きさが合っていないとだらしなく見えてしまいます。 スーツの下に着るものなので、大きさが違うと着心地も悪くなってしまいます。正しいサイズを知ることは何よりも重要だと言えるでしょう。

 

 

シャツのサイズの測り方

シャツのサイズ測定には「首周り」「裄丈」が必要なので、まずは大きさをはかるところからはじめます。 自分に合ったお気に入りシャツがすでにある場合は、タグに書いている大きさをチェックしてください。 わからない場合はメジャーを準備して採寸をはじめますが、可能な限り薄着になって正しくはかることができるようにしましょう。

 

まずは首周りですが、のどぼとけの下あたりと首の付け根を通るようにメジャーを一周させてはかります。 裄丈は自分の腕を自然に下にさげた状態にして、首の後ろの付け根(中央)から肩のラインを沿わせ、そのまま肘の骨のところまで伸ばし、最後に手首の骨(くるぶし)の先まではかります。 一人で測るは難しいので、ご家族やご友人に頼むか、スーツ販売店舗でも採寸してもらうのが良いでしょう。

 

 

スーツに合うシャツの選び方

実際にはかった寸法に、自分に合ったゆとりをもたせた大きさが適性のサイズになります。 大きさ以外にもスーツに合うシャツの選び方をお教えします。

 

サイズで選ぶ

ワイシャツの首周りは、一番上のボタンをとめたときに指2本分のゆとりがあるものが理想サイズなので、実寸に+2cmが基本サイズと考えてください。 ゆったり目が好みの場合は+3cm、タイト目が好みなら+1cmにしてください。

裄丈はジャケットから袖が少し見えるくらいが見栄えが良く、実寸に+2cmが理想の大きさです。 長目にしたい場合は+3~4cmにしましょう。 腕の曲げ伸ばしや上げ下げするときに窮屈にならないためにも、短めは選択肢に入れないことを前提に大きさを決められています。

 

シルエットで選ぶ

大きさのほかに気にしたいポイントがシルエットです。 大きさが同じでもシルエットが違うことで見え方に違いが出るので、体形や好みに合わせて選んでください。 標準は程よいゆとりのあるスタンダードシルエットで、スリムシルエットは腕周りなどが絞られてスタイリッシュに着こなせます。

 

 

ワイシャツ選びはサイズが重要

ワイシャツのサイズのはかり方と選び方を説明してきました。 間違った大きさのものを選ぶと、だらしなさや窮屈さを感じさせてしまいます。 まずは実際にはかった首周りと裄丈を基準にして、自分好みの大きさを知ってください。 大きさと体型に合ったワイシャツを選び、スーツを上手に着こなしましょう。

 

 

口コミ投稿フォーム

PAGE
-TOP