ゼニアの生地は冬でも快適に過ごせる|なぜ売れ続けるのか

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ゼニアの生地は冬でも快適に過ごせる|なぜ売れ続けるのか

ゼニアの生地は冬でも快適に過ごせる|なぜ売れ続けるのか

ゼニアの生地は冬でも快適に過ごせる|なぜ売れ続けるのか

世界中のビジネスマンがゼニアのスーツを愛用しています。心地よく着用できるとともに、上品なツヤとなめらかな触り心地も兼ね備えています。冬でも快適に過ごせる生地であるのも大きな理由です。スーツは生地選びが命といっても過言ではありません。ゼニアの生地はほかのメーカーと異なる点も多く、質にこだわるのなら選択すべき理由について解説していきます。

冬用のゼニア生地のセールスポイント

冬用のゼニア生地は14ミクロンの超極細糸を使用しており、ふんわりとした厚めの仕上がりになる理由です。カシミアとほぼ同じの触り心地が実現するととともに、重さは1m当たり280gと軽量です。さらに、保温性においても確保されています。

トロフェオカシミア、ヘリテイジ、エレクタ、14ミルミルといった種類から選択ができます。ソフトな触り心地と上質なツヤがあるのがトロフェオカシミアの特徴です。ヘリテイジは起毛のフラノ調の生地となり、クラシカルな歴史を感じられます。エレクタは耐久性とシワへの耐性を生み出し、高級感のあるツヤもあります。14ミルミルは極上の触り心地を体感するのもうってつけです。

それぞれの種類の特徴を加味しながら冬用のゼニア生地を選択しましょう。高価でありながらも世界中のビジネスマンが愛用している理由を実感できるはずです。

美しいスタイル形成に役立つ

ゼニアのスーツは美しいスタイル形成に役立ちます。羊毛の脇と肩の高品質の部分だけ使用し、糸の細さのみならず、長さや色、密度や引っ張り強度と自社の基準に沿うものだけを採用しています。ほかのメーカーで採用している糸は細さがあってもコシがないことが多いです。

その結果、スーツが型崩れを起こしてしまいます。見た目のツヤと触ったときの滑らかさを持ち合わせるのが特徴です。原料の厳選を行うからこそ、納得のできる仕上がりとなって世界中のビジネスマンが愛用しています。冬用のゼニア生地を選択すれば、快適に過ごせると考えて問題ありません。

ビジネスマンはゼニアのスーツに要注目

見た目で自分の仕事ぶりまで判断されるビジネスマンはゼニアのスーツに注目した方がよいでしょう。スーツで最も重要であるのはサイズ感であり、ビシッと着こなせるかの大きなポイントになります。さらに、どのスーツを着用しているかについてもビジネスマンは見られていると考えた方が良いでしょう。

オフィスでの時間や取引先との打ち合わせなど、仕事の時間には数多くの方とビジネスマンは接することになります。仕事ができるかどうかは実際に一緒に仕事をしてみれば分かると考えるのは大きな間違いです。見た目から仕事ができるかを判断されるため、できるビジネスマンは意図的に自分の価値を上げるべく、こだわりを持ってスーツ選びを行っています。

ゼニアのスーツは価格に大きな開きがあるのが特徴です。どの生地を選択するか、さらに縫製レベルによっての違いもあります。予算や価値観に応じて適切な選択をしていくのが基本となります。高価な買い物とはなっても、長期的に着用していける質の高いスーツを手にすることの意味は大きいです。実際に見て触ってみることで特別なよさを実感することができるでしょう。

まとめ

冬用のゼニア生地は冬でも快適に過ごせる仕様です。見た目のツヤと触ったときの滑らかさを持ち合わせ、美しいスタイル形成にも役立ちます。原料の厳選を行うからこそ、世界中のビジネスマンが愛用する高いレベルを保持しています。予算や価値観に応じて適切な選択をし、望むべく一着を作ってみてはいかがでしょうか。ビジネスマンとしての価値を高める理由のひとつとなります。長年にわたって売れ続けている理由は実際に見て触ってみることで分かるはずです。