【麻布テーラー】オーダースーツのおすすめの作り方について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 【麻布テーラー】オーダースーツのおすすめの作り方について

【麻布テーラー】オーダースーツのおすすめの作り方について

麻布テーラーは全国に30店舗を展開し、ビジネスマンをターゲットにしています。3,000種類以上の生地を取り扱い、スーツのモデルも3種類から選択できてオプションの充実ぶりも目立ちます。これから麻布テーラーでオーダースーツを作ろうと思う方におすすめの作り方があります。初心者も上級者もおすすめの作り方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

初心者はオーソドックスなビジネススタイルを目指す

麻布テーラーで初めてオーダースーツを作る方は生地やモデル、オプション選びに迷うことも多いはずです。ビジネスマンはビジネスシーンのドレスコードを守る選択をしないといけない問題もあります。生地とモデルを選択し、オプションで細かいところを詰めていくのがオーダースーツを作る醍醐味ではあるものの、初心者はまずオーソドックスなビジネススタイルを目指すのがおすすめの作り方です。

スタッフと相談しながらオーソドックスなビジネススタイルを目指すことによって、ビジネスシーンのドレスコードを守りながら仕上げることができます。いきなり自分の理想を最大級追求するのは失敗してしまう理由になります。何度か作っていくなかでよかった点と悪かった点を見極めながら微調整していくことで、理想に近づく一着を作っていけるものです。初心者はまず汎用性の高い無難な選択をするのがおすすめの作り方です。
麻布テーラーで初めてオーダースーツを作る方は生地やモデル、オプション選びに迷うことも多いはずです。ビジネスマンはビジネスシーンのドレスコードを守る選択をしないといけない問題もあります。生地とモデルを選択し、オプションで細かいところを詰めていくのがオーダースーツを作る醍醐味ではあるものの、初心者はまずオーソドックスなビジネススタイルを目指すのがおすすめの作り方です。

スタッフと相談しながらオーソドックスなビジネススタイルを目指すことによって、ビジネスシーンのドレスコードを守りながら仕上げることができます。いきなり自分の理想を最大級追求するのは失敗してしまう理由になります。何度か作っていくなかでよかった点と悪かった点を見極めながら微調整していくことで、理想に近づく一着を作っていけるものです。初心者はまず汎用性の高い無難な選択をするのがおすすめの作り方です。

上級者は拘り抜いて仕上げる

何度かオーダースーツを作ったことがあってスーツに造詣が深い上級者は拘り抜いてオーダースーツを作るのがおすすめの作り方です。100,000円前後のインポート生地を選択したり裏地の色やボタンの色と有料オプションを加えたりと、自分の拘りを最優先することで満足のいく一着となるでしょう。

麻布テーラーはほかの専門店と比べる豊富に生地を取り扱い、望むべく選択をするのは難しくありません。ワンランク上の上質なスーツを身にまといたい方にオーダースーツ専門店です。ある程度の予算は必要であるものの、妥協しない選択をすれば愛着のわく一着となるでしょう。

ゆっくり時間をかけられる午前中がおすすめ

麻布テーラーでオーダースーツを作る場合、店舗に足を運ぶ必要があります。可能であるのなら店内が空いている午前中に店舗に足を運ぶのがおすすめです。生地やモデル、オプションをゆっくり選べてほかのお客様が待っているのを気にすることもなくなります。

オーダースーツはスタッフとの共同作業で作り上げていくものです。店内が空いている時間帯を選択した方がゆっくりスタッフと相談し、納得のいく一着を作っていけます。特にまだ麻布テーラーを利用したことがない方にとって効果的でおすすめの作り方となります。できあがったスーツを店舗で受け取るときも同様です。試着をしたときにスタッフのアドバイスをもらいながらピッタリ合っているかを確認していきましょう。注文日から6か月間は無料でお直しにも対応しており、必要であれば微調整もしていくべきです。

ゆっくり時間をかけられる午前中ならスタッフとデザインやサイズ感など、次回に向けて何を改良していくべきかの相談もしやすいです。実際に試着してみないと分からないこともあるからこそ、注文しただけで安心してはいけません。

まとめ

麻布テーラーは初心者にも上級者にも適しており、望むべくオーダースーツを作ることができます。初心者はまずオーソドックスなビジネススタイルを目指し、上級者は拘り抜いた選択をするのがおすすめの作り方です。スタッフとの共同作業で作り上げるものであるからこそ、できるだけ店内が空いている午前中に足を運ぶようにしましょう。後に後悔しない選択をするためには事前準備が大切で、何となく選択をすれば満足のいく一着を作れるとは考えるべきではありません。