オーダースーツSADAで取り扱う生地とおすすめの選び方について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツSADAで取り扱う生地とおすすめの選び方について

オーダースーツSADAで取り扱う生地とおすすめの選び方について

オーダースーツSADAで取り扱う生地とおすすめの選び方について

オーダースーツSADAに限らずオーダースーツを作るときの最初の難関となるのが生地選びです。豊富な生地を取り扱うオーダースーツSADAであるからこその迷いが生まれてしまうかもしれません。まずは目星を付けるために取り扱うものの特徴を把握した方がよいでしょう。そしておすすめの選び方についても紹介するため、参考にしてください。

オーダースーツSADAでビジネスマンに人気の生地

オーダースーツSADAのスタンダード服地は耐久性に優れ、防シワミルドナチュラルストレッチは伸縮性に優れてシワになりにくいのが特徴です。ビジネスマンに人気で売り切れることもあるため、選択した場合は予約をしておいた方がよいでしょう。初めてオーダースーツSADAでオーダースーツを作る場合は最安値で耐久性に強いお試しオーダースーツを選択するのがよいでしょう。初回割引を使用すれば2万円とリーズナブルな料金です。

外回りをするビジネスマンは撥水加工が施されているかが重要です。快適機能服地やLEGGIEROが該当し、着心地のよさも優れています。仕事のときにはずっとスーツ姿であるからこそ、快適に過ごすための選択をしたい場合に適しています。

デスクワーク中心のサラリーマンにも適した生地がたくさんあります。ファインウール服地は保温性があって柔らかいのが特徴です。ナチュラルストレッチ服地は伸縮性に優れ、防シワナチュラルストレッチは伸縮性のよさとシワになりにくい特徴があります。

ワンランク上のスーツスタイルを形成できる高級生地

オーダースーツSADAではリーズナブルな料金の生地を多く取り扱うとともに、ワンランク上のスーツスタイルを形成できる高級生地も幅広く選択できます。エルメネジルド・ゼニアはスポーツ選手や俳優などに人気があるイタリア最高峰の服地メーカーです。

イタリアのメーカーであるチェルッティは世界各国のセレブレティが愛用し、撥水や防汚性に優れています。ヴィタルバルベリス・カノニコは滑らかな肌触りが特徴で光沢もあるイタリアの高級服地の織元メーカーです。

周囲との差別化を図ってワンランク上のスーツスタイルを形成するのに適したものばかりです。

初心者と上級者で異なる選び方

オーダースーツSADAでオーダースーツを作るときに生地を選ぶ場合、初心者と上級者では異なる選び方をした方がよいでしょう。初心者の場合はまずは失敗してもよいと思えるものを選択するのがおすすめです。オーダースーツSADAでは初回割引を使用すれば2万円とリーズナブルな料金のものもあります。いきなり拘り過ぎてしまうと失敗したときのダメージが大きくなります。

上級者の場合は何を選択すれば成功するか分かっているはずです。ワンランク上のスーツスタイルを形成するのに適したものを選択して拘りを重視するのもよいでしょう。もちろん予算に合わせての選択もしていかないといけません。自分の経済状況をかんがえみて無理をしない範囲で選択しましょう。

服地卸問屋という一面を持つオーダースーツSADAはほかのオーダースーツブランドと比べるとややリーズナブルな料金で選択できます。それぞれの特徴を把握して自分が何を最重要と考えるかによって適した選択も変わっていくのが注意点です。

まとめ

オーダースーツSADAで取り扱う生地は幅広く、予算に合わせて適切な選択ができます。それぞれの特徴を把握して最重要と思える要素をかんがみての選択をするのがよいでしょう。初心者と上級者では適切な選択が変わっていくのも注意点です。無理をせずにまずは失敗しないことを第一とした方がよいでしょう。どれを選択するかによってスーツの質が変わるといっても過言ではありません。着用用途や予算など、複数の要素を考慮しての選択も大切です。