オーダースーツSADAが提案するスーツスタイルで自分の価値を高める

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツSADAが提案するスーツスタイルで自分の価値を高める

オーダースーツSADAが提案するスーツスタイルで自分の価値を高める

オーダースーツSADAでオーダースーツを作る場合、一人一人のパターンを作成していくことになります。既製スーツのようなモデルは存在せず、独自でスーツの形を決めていくことになります。せっかくオーダースーツを作ったのにどうすればよいか迷ってしまう方もいるでしょう。オーダースーツSADAが提案するスーツの形を選択すれば迷うことがなくなり、参考にしてみてはいかがでしょうか。

オーダースーツSADAが提案する3つのスーツの形

ブリティッシュスタイルはタイトなシルエットでピッタリ体にフィットし、知的な雰囲気が印象的な細めの伝統のスタイルです。前ボタンをやや高めの位置に設定し、厚めの肩パッドを使用することで肩周りの大きさも特徴的です。クラシックな雰囲気を演出するのにピッタリで、大人の男性としての信頼感を感じられます。ビジネスマンは知的な演出をした方がよい場面も少なくありません。

クライアントをはじめとした社外の人間と初めて会うときには知的な演出によって大人の男性としての信頼感を与えることにつながります。ビジネスマンはスーツ姿によって信頼されるかどうかが決まることを意識した方がよいでしょう。

アメリカの伝統的なスタイルのアメトラスタイルは機能性を重視するのに最適です。カジュアルな仕様となっており、段返りの3ボタンやアウトポケットが印象的です。パンツは定番となるダブルを選択するのがおすすめです。多くの方に愛される仕様であるものの、ビジネスマンは職場の雰囲気に沿うかを考えた方がよいでしょう。カジュアルな仕様が職場の雰囲気にマッチしないかもしれません。

イタリアンスタイルはナチュラルな着心地が特徴で、すっきりとした印象に仕上がります。全体的にコンパクトな作りでシルエットの美しさに拘る方に適しています。

スタッフと二人三脚でスーツの形を決めていく

いちがいにどのスーツの形を選択すべきかについては断言できません。ビジネスマンの場合は自分の好みよりも相手に与える印象を加味しての選択をしましょう。当然ながら一度選択した以上は変更ができないからこそ慎重に判断した方がよいでしょう。

オーダースーツの着用用途が決まっているのならどのスーツの形を選択するかはそれほど迷うことはないといえます。オーダースーツSADAでオーダースーツを作る段階でスタッフと二人三脚でスーツの形を決めていきましょう。

ワンランク上のスーツの着こなしを目指す

ビジネスマンは周囲との差別化を図るためにワンランク上のスーツの着こなしを目指すのがおすすめです。できるビジネスマンほどジャストフィットするスーツを着用し、さらに相手に与える印象を加味しての選択をしています。ビジネスシーンにおいて相手に与える印象にビジネスが上手くいくか変わっていくものです。

オーダースーツSADAではオーダースーツを作るときに着用用途を伝えると、それぞれのスーツの形によって相手からどう印象付けられるかについて詳しくレクチャーしてくれます。スーツをただの洋服と考えずに、自分の価値を高める戦闘服と認識した方がよいでしょう。ビジネスマンとしての価値を高める術は内面を磨くことだけではなく、外見を整えることもひとつの術です。

まとめ

オーダースーツSADAで提案する3つのスーツの形はそれぞれで異なる特徴があります。自分の好みよりも相手に与える印象を加味しての選択をしましょう。ビジネスマンは特に自分の価値を高めるために外見を整えることを強く意識すべきです。オーダースーツSADAでオーダースーツを作るときにスタッフに相談をすれば、イメージ通りの仕上がりになります。既製スーツよりも選択が難しくなるものの、自由に選択できるメリットもあるため、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。