スーツが似合う芸能人から学ぶ誰でもできる着こなし術とは

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > スーツが似合う芸能人から学ぶ誰でもできる着こなし術とは

スーツが似合う芸能人から学ぶ誰でもできる着こなし術とは

西島秀俊さん、玉木宏さん、仲村トオルさん、反町隆さんとスーツが似合う芸能人は多くの方の憧れの的です。単にルックスやスタイルが優れているだけではなく、スーツが似合うための工夫を行っています。相手から好印象を抱かれることを重要とするのは芸能人もビジネスマンも同じです。スーツが似合う芸能人ならではの工夫をビジネスマンも参考にしてみてはいかがでしょうか。

相手に与えたいイメージを伝えるためのコーディネートを徹底

スーツが似合う芸能人は相手に与えたいイメージを伝えるためのコーディネートを徹底しています。西島秀俊さんは筋肉質でしまった体を強調するとともに、大人の男性らしさを演出するためにあえてシンプル装いをしています。玉木宏さんは細身で高身長な特徴を生かすべく、インテリで気品あふれる雰囲気を演出しており、現代風の着こなしが特徴です。

仲村トオルさんはセクシーな大人の男性を強調すべくシックな装いながらもネクタイやシャツなどワンポイントアクセントを加えてオシャレさを演出しています。反町隆史さんはワイルドさ生かしながらラフな着こなしからシックな着こなしまで男性らしさが漂う着こなしをしています。

このように芸能人は自分のルックスやスタイルをかんがみたうえで相手に与えたいイメージを強調した着こなしをしています。万人にとって似合うスーツは存在せず、それぞれにとって似合うように作り上げていくのが大切です。

相手の視線を顔に持っていくための工夫

芸能人はスーツを着こなすにあたって相手の視線を顔に持っていくための工夫をしています。ストライプ柄を選択して全体が縦に長く見えてスタイルがよく見えるようにしたり、ゴージラインを高めにして視線が上がるようにしたりしています。シルエットをゆったり気味して背の小ささが目立たたないようにする方法もあれば、ウェストラインのシェイプ位置は高めにして足長効果を出すといった方法も効果的です。

胴の長さや足の短さといった劣等感を持つ部分に目を向けさせることなく、視線を上げさせるように誘導した着こなしは芸能人にとって当たり前の工夫です。芸能人ならではの着こなしをビジネスマンがすべて応用するのは難しいものの、相手に好印象を抱かれるための工夫という点においては参考にした方がよいでしょう。シンプルな装いながらもワンポイントアクセントを設けたり、小物を上手に使ったりとさり気ない工夫を凝らして人目を向けています。

似合うスーツを既製品から見つけるのは難しい

既製品のスーツは良くも悪くも標準的なものばかりです。無難に着こなすのならまだしも、カッコよく着こなすことを考えるにあたって物足りなさを感じることも多くなります。最も重要であるサイズ感に関しても標準体型の方を基準としており、大まかなサイズは合っているにしてもジャストサイズが実現することはほぼありません。

自分の好みや相手に与えたいイメージを追求するのなら、既製品よりもオーダーした方がよいでしょう。ジャストサイズに仕上げるとともに、適した色使いができてコンプレックスを抱く部分に目を向けさせないように工夫できます。

まとめ

スーツが似合う芸能人はルックスやスタイルがよいだけではなく、いかに自分が与えたいイメージを大切にしてコーディネートをしています。ビジネスマンがすべてにおいて同じ工夫ができるわけではないものの、ちょっとした工夫によって相手の印象が変わる点は覚えておきましょう。既製品を選択してカッコよくスーツを着こなすのは難しく、拘り抜いたものを選択するのならオーダーした方がよいでしょう。周囲から惚れ惚れするスーツ姿であると思われるための努力をしていきましょう。