ビジネススーツのボタンのマナーを詳しく解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネススーツのボタンのマナーを詳しく解説

ビジネススーツのボタンのマナーを詳しく解説

ビジネススーツを着るときは、ボタンを留めるべきなのでしょうか。留める人、留めない人がいるので、悩みますよね。このページでは、意外と知らないボタンのマナーについて解説しています。以下の情報を参考にすれば、大切な場面でも自信をもってスーツを着こなせるはずです。気になる方は、参考にしてください。 

 

ビジネススーツのボタンのマナー

少し意外かもしれませんが、ビジネススーツのボタンを全て留めるとマナー違反になる恐れがあります。ビジネススーツのボタンマナーを見ていきましょう。 

 

2つボタンのシングル

2つボタンのシングルジャケットは、上のボタンのみ留めます。下のボタンは留めるためにつけられているものではないので、留めるとジャケットのシルエットが崩れてしいます。下のボタンは装飾と考えましょう。 

 

3つボタンのシングル

3つボタンのシングルジャケットは、上から2つ目までのボタンを留めます。2つボタンのシングルジャケットと同じく、一番下のボタンは留めません。段返り(一番上のボタンがラペルのロールで隠れているもののジャケットは、真ん中のボタンだけ留めます。一番上と一番下のボタンは留めません。ちなみに、一番下のボタンを留めないことをアンボタンマナーといいます。 

 

ダブルのジャケット

ダブルのジャケットには、4つボタンと6つボタンがあります。シングルジャケットと異なり、すべてのボタンを留めることができます(飾りボタンを除く)。すべてのボタンを留めてもシルエットに影響はありません。もちろん、下のボタンだけ外すこともできます。内側についているボタンは、着崩れを防ぐためのものです。ビジネスシーンでは、留めておくことをおすすめします。 

 

ボタンのマナーの例外について

以上を参考に、ビジネススーツのボタンを留めるとよいでしょう。ただし、シングルスーツの場合、座っているときはボタンをはずします。立ったときに美しく見えるように仕立てられているので、ボタンを留めたまま座るとシワが寄ってしまうからです。面接などの場合は、あえてボタンを留めたまま座り、誠実さをアピールしても構いません。 

ダブルのジャケットに関しては、座っているときもボタンを留めておきます。ボタンを外すとだらしない印象になるので、注意しましょう。 

 

ビジネススーツのボタンを正しく留めましょう

ビジネススーツのボタンの留め方にはルールがあります。シングルジャケットは、一番下のボタンを留めません。これをアンボタンマナーといいます。アンボタンマナーを無視すると、取引先などから常識を知らない人と評価されるかもしれません。ダブルジャケットは、すべてのボタンを留めること、一番下のボタンを外すことができます。最低限のルールを守り、ビジネススーツを着こなしましょう。