ビジネススーツとは?正しい選び方についても解説

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > ビジネススーツとは?正しい選び方についても解説

ビジネススーツとは?正しい選び方についても解説

毎日お仕事に欠かせないビジネススーツは、就活生や新卒者の着るリクルートスーツとは異なり、自分らしいスタイルが楽しめるアイテムです。 ここでは、ビジネススーツとリクルートスーツの違いについて解説し、自分に合ったビジネススーツを選ぶ方法について紹介します。

 

ビジネススーツとは?リクルートスーツとの違いも説明

ビジネススーツとリクルートスーツにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

デザインの多様性

リクルートスーツは就職活動に特化している性質上、デザインや色の選択肢が少なくベーシックな雰囲気があります。「誰でも着られるスーツ」というとイメージがしやすいかもしれません。 ビジネススーツは本格的なビジネスの場で着こなすもののため、選択肢が豊富。遊び心を重視したデザインやオシャレで高見えするもの、小物やアクセサリーと組み合わせても違和感のないスーツが豊富に揃っています。

 

素材と価格

リクルートスーツは汎用性が高い代わりに、ビジネススーツほど素材や生地にこだわって作られていないのが大きな特徴。 量販店で手に入るリクルートスーツは化学繊維が使われているものが多く、そのぶん安価に購入できます。 ビジネススーツは耐久性にすぐれた素材が使われ、縫製もしっかりと行われているため、多少値は張るものの長く着用できます。

 

ビジネススーツの正しい選び方

ここからは、ビジネススーツの正しい選び方を紹介していきます。

 

スーツサイズをチェック

スーツ店やスーツ店のホームページで掲載されているサイズ表を確認し、自分のサイズをチェックします。 部分的にサイズが規格と異なる場合は、オーダースーツやお直しサービスなどを利用しましょう。

 

ジャストサイズを意識する

スーツスタイルは、自身の体型に合っていないと野暮ったいイメージになってしまいます。 腕・足の丈が長すぎる/短すぎる 背中に縦じわが入る(サイズが大きい) お腹のボタン部分に横じわが入る(サイズが小さい) ジャケットでお尻がすべて隠れてしまう ジャストサイズを意識すればスタイルが整って見えます。上記のポイントを意識し、自分の体型に合うようにスーツを調節しましょう。 また、肩山には1cmほどゆとりを持たせること、お尻が半分程度隠れるくらいのジャケットサイズにするとバランスが取りやすくなります。

 

自分らしい1着が手に入る

ビジネススーツはリクルートスーツに比べて素材やデザインの選択肢が多く、体型に合わせてオーダーすることもできます。 

自分に合う色味や柄を選び、ジャストサイズに仕立てることでオシャレな雰囲気も演出できるため、ぜひ店頭で商品をチェックしてみてください。