【麻布テーラー】スーツのオーダー方法と注意点について

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 【麻布テーラー】スーツのオーダー方法と注意点について

【麻布テーラー】スーツのオーダー方法と注意点について

【麻布テーラー】スーツのオーダー方法と注意点について

これから初めて麻布テーラーでオーダースーツを作ろうと思う方はオーダー方法を覚えておくべきです。既製スーツよりもジャストサイズに仕上げて見栄えもよくます。どういったオーダー方法であるかを把握しておけばいざ店舗に足を運ぶときに戸惑うことはなくなります。さらにオーダー方法と合わせて注意点も覚えておけば理想に近づく選択ができるでしょう。

生地選びからスタート

麻布テーラーではほかのオーダースーツ専門店と同じく、まず最も重要といえる生地選びからスタートします。3,000種類以上の生地から選択することになるため、どれを選択すべきか迷う方も少なくないでしょう。麻布テーラーのおすすめである「GRAND MARQUIS」と「WORLD TRAVELLAR」を紹介されることもあります。リーズナブルな価格でビジネスマンに嬉しい耐久性も兼ね備えている生地です。

生地の見本を見て触って自分のイメージに沿う選択をしましょう。インポート生地は価格こそ高くなるものの、ワンランク上のスーツスタイルを形成するのにピッタリです。次は「CLASSICO ITALIA」「CONTINENTAL」「JET CRUISE」と3種類のデザインから選択をすることになります。着心地やカジュアル感など何を優先するかをスタッフに伝えると適したデザインを提案してくれます。

次にオプションを選択します。ボタンの種類や裏地、ネームの有無やズボンのすべり止めの有無と有料オプションも無料オプションも幅広く選択ができると考えて問題ありません。自分がどうしても加えたいオプションがある場合は加えた方がよいでしょう。そして最後に採寸をしてオーダー方法が完了となります。初めて麻布テーラーでオーダースーツを作るにしても戸惑うことはありません。

ベーシックで地味目の生地を選択するのがコツ

麻布テーラーで初めてオーダースーツを作る方は、ベーシックで地味目の生地を選択しましょう。ビジネスシーンで着用する場合、無地やシャドウストライプなどのベーシックな柄を選択すればまず間違いありません。汎用性の高い柄であった方がさまざまなシーンで着用できます。そして地味目な生地を選択した方が失敗は少なくなります。

実際に店舗に足を運んだときに派手目な生地に目を奪われることもあるでしょう。しかしいざ着用してみると思っている以上に派手と思う方も少なくありません。初めての場合は仕立てたときに派手になり過ぎたことが理由で着用しなくなってしまうことも多いです。少し地味と思う程度がベストの色合いと覚えておいた方がよいでしょう。
麻布テーラーで初めてオーダースーツを作る方は、ベーシックで地味目の生地を選択しましょう。ビジネスシーンで着用する場合、無地やシャドウストライプなどのベーシックな柄を選択すればまず間違いありません。汎用性の高い柄であった方がさまざまなシーンで着用できます。そして地味目な生地を選択した方が失敗は少なくなります。

実際に店舗に足を運んだときに派手目な生地に目を奪われることもあるでしょう。しかしいざ着用してみると思っている以上に派手と思う方も少なくありません。初めての場合は仕立てたときに派手になり過ぎたことが理由で着用しなくなってしまうことも多いです。少し地味と思う程度がベストの色合いと覚えておいた方がよいでしょう。

仕上がりのイメージを膨らませておく

オーダースーツを作るうえでの鉄則は仕上がりのイメージを膨らませておくことにあります。オーダー方法の一連の流れで、それぞれの項目で選択する必要があります。生地やデザインのイメージ、さらにはどのオプションを加えることによって自分の理想に近づくかも考えておくべきです。

スタッフと共同作業で作り上げていくことにはなっても、自分の理想を伝えきれないと適切な提案ができないものです。店舗に足を運ぶ前に仕上がりのイメージを膨らませておけば、スタッフも情報をキャッチしやすくなります。オーダー方法を頭に入れるとともに、それぞれの項目で自分の理想に近づけるべくイメージを膨らませておきましょう。

まとめ

麻布テーラーでオーダースーツを場合のオーダー方法と注意点は理解できたでしょうか。初めて利用する方でも戸惑うことはなく、スタッフと共同作業で理想に近づく一着を作ることができます。ビジネスシーンで着用する場合はベーシックで地味目の生地を選択しましょう。生地やデザイン、オプションとそれぞれの項目で選択が必要となるため、事前にイメージを膨らませておけば失敗することは少なくなります。