暑苦しさとは無縁となる夏スーツに合わせるネクタイの選び方

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > 暑苦しさとは無縁となる夏スーツに合わせるネクタイの選び方

暑苦しさとは無縁となる夏スーツに合わせるネクタイの選び方

暑苦しさとは無縁となる夏スーツに合わせるネクタイの選び方

夏にはクールビズが職場で当たり前となりつつあるものの、外部の方と会うときにはスーツとネクタイはワンセットと考えた方がよいでしょう。スーツは夏用であってもネクタイがいかにも暑苦しそうだと相手に余計な気を遣わせることにもなりかねません。その季節に応じた選択をするためのポイントを熟知すれば、見た目も着け心地も爽やかになります。

素材に拘っての選択をする

ネクタイを選ぶときにはスーツと比べると素材にあまり拘っていない方が多いです。その季節に応じた素材を選択すべきなのはスーツもネクタイも変わりありません。素材選びをするにおいて適しているのはシルク、ニット、リネンです。シルクは肌触りや光沢が暑い季節に適しており、ニットは通気性に優れています。リネンは通気性に優れているとともに、触ったときにひんやりとして便利です。

暑さをいかに和らげるかがテーマとなる夏のスーツスタイルにおいて適した素材を選択することの意味は大きく、少なくとも1本は備えておくのが望ましいです。暑苦しさを感じさせない素材を選択をすることによって相手に余計な気を遣わせることもなくなります。

色と柄で涼しさを演出

人間は色と柄によって物事を連想し、涼しさを演出するうえで見逃せない点です。色のイメージを上手に用いることによって相手は涼しげな印象を抱きます。適した色としてはネイビー、ブルー、ライトグレーです。涼しげな印象に仕上がり、清涼感を演出するのにうってつけです。色よりも重要な柄は無地、ストライプ柄、小さなドット柄を主軸としましょう。軽やかで涼しげな印象に仕上がり、爽やかな印象を相手に与えたい場合においても適しています。

夏のスーツに合う色と柄を意識して選択することで、見た目も着け心地も爽やかになります。いかにも暑苦しそうというイメージを払拭させるためには適した色と柄を選択するのが基本です。できるビジネスマンはスーツもネクタイも暑苦しさを感じさせないように工夫しています。暑い季節に服装で清涼感を演出することはビジネスマンにとってひとつの仕事といっても過言ではありません。

自分の第一印象を左右するアイテム

ネクタイは自分の第一印象を左右するアイテムです。上質なスーツを着用していても、ネクタイ選びを間違えると相手に好印象を抱かれるのは難しくなります。夏に不釣り合いなアイテムであっても、外部の方と会うときに着用しないわけにはいきません。

ビジネスマンは相手に与える印象を加味してビジネススタイルを形成していくべきです。季節に応じて適切なアプローチをすることで、服装に気を遣えていると相手に印象付けることができます。スーツやシャツといったビジネススタイルを形成するうえで主役となるアイテムに気を遣うのは当然です。自分を演出する着こなしをするにあたって主役ではないアイテムにも気を遣うべきです。

夏はいかに暑苦しさを感じさせないコーディネートをするかがポイントになります。ビジネスシーンという制約がありながらもオシャレを楽しむこともできます。選択次第で雰囲気を変えられるからこそ、明確な目的に沿ってコーディネートするのが望ましいです。
ネクタイは自分の第一印象を左右するアイテムです。上質なスーツを着用していても、ネクタイ選びを間違えると相手に好印象を抱かれるのは難しくなります。夏に不釣り合いなアイテムであっても、外部の方と会うときに着用しないわけにはいきません。

ビジネスマンは相手に与える印象を加味してビジネススタイルを形成していくべきです。季節に応じて適切なアプローチをすることで、服装に気を遣えていると相手に印象付けることができます。スーツやシャツといったビジネススタイルを形成するうえで主役となるアイテムに気を遣うのは当然です。自分を演出する着こなしをするにあたって主役ではないアイテムにも気を遣うべきです。

夏はいかに暑苦しさを感じさせないコーディネートをするかがポイントになります。ビジネスシーンという制約がありながらもオシャレを楽しむこともできます。選択次第で雰囲気を変えられるからこそ、明確な目的に沿ってコーディネートするのが望ましいです。

まとめ

ネクタイの素材、色、柄を夏用にすることによって暑苦しさを感じさせないコーディネートが実現します。ビジネスマンは特に季節に応じたコーディネートを意識すべきです。相手に与える印象が商談や顧客発掘にも影響する仕事であるためです。油断してしまいがちなアイテムであるからこそ、気を遣うことによってできるビジネスマンであることをアピールできます。非言語のコミュニケーションツールである服装で、社内外の信頼を得られるようにしましょう。