オーダースーツを作ってもらうときのコツ

オーダースーツおすすめNo1が決定!最新比較ランキングTOP10 > コラム > オーダースーツを作ってもらうときのコツ

オーダースーツを作ってもらうときのコツ

オーダースーツを作りたいけれど、何を重視したら良いか分からないという方は少なくありません。オーダーするときのコツを知ってより魅力的で自分に合ったスーツを作ってもらいましょう。ここではオーダーする際のコツとより良いオーダースーツを仕立てるためのポイントを解説しています。

 

 

スーツをオーダーする際のコツを解説

オーダースーツは、ただオーダーすれば良いというわけではありません。またオーダーだから=おしゃれというわけでもないため、オーダーするときはコツをしっかり掴む必要があります。

 

使用目的に合ったものを

毎日着るスーツをオーダーしたい方、特別な日に着るスーツをオーダーしたい方、オーダースーツも使用目的はさまざまです。より満足のいくスーツをオーダーしたいならどんなシーンで着用するのか明確にしておくと良いでしょう。

 

・毎日着る

仕事で着用するスーツをオーダーする場合、高級感よりも耐久性を重視したほうが賢明です。毎日着ていてすぐに傷んでしまってはせっかくのオーダースーツも台無し。オーダースーツ=特別なスーツではなく、消耗品と考えて長持ちする仕様にしましょう。

 

・特別な日に着る

冠婚葬祭など特別な日にオーダースーツを着る場合は、高級感を重視したほうが良いでしょう。自身の年齢はもちろんのこと、社会的地位なども考えて作ることで雰囲気もバランスも調和した素敵なオーダースーツになります。特に30代以降は、イージーオーダーやフルオーダーでグレードアップしてあげたほうがより高級感が出ます。

 

 

より良いオーダースーツを仕立てるために知っておきたいポイント

オーダースーツだからすべて良いスーツというわけではありません。そこを理解したうえで、仕立てるときのポイントを解説します。

 

高級生地にこだわらない

質の高いスーツと聞くとどうしても高級生地をイメージしがちですが、実際は中ランク生地のほうが耐久性も高く、より良く見えると言われています。たとえば糸なら断然太いほうが長持ちするでしょう。長持ちさせることができるのは非常に大きなポイントです。

 

ベントの違いを知る

ベントとは背中の切れ目を指します。サイドベント・センターベント・ノーベントがありクラシックな印象を与えたいならサイドベントがおすすめです。動きやすさを重視するならセンターベントも良いでしょう。

 

ラペル幅について

ラぺルとは襟部分を指し、細いとシャープな印象を与え太いとクラシックな印象を与えます。この部分もオーダースーツならではなのでしっかり相談して仕立ててもらいましょう。

 

ボタンの素材について

ボタンが選べるのはオーダースーツならでは。水牛や貝などいろんな種類がありますが、なかでも天然素材は全体の印象も良くなるのでおすすめです。

オーダースーツは細部にこだわるのがコツ

オーダースーツはただ高級感を出すだけが魅力ではありません。使用目的を考え、ボタンやポケットなど細部までこだわるのがコツでしょう。これからオーダースーツを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。